飲み食いの記録を残そう

kskcom.exblog.jp
ブログトップ
2005年 06月 25日

2005年6月 『朝起』@東京/新宿 【スタミナ料理】(2)

前回来た際に食うことの出来なかったモノを目指してのリベンジ訪問。
食い物のリベンジにはかなり執念深いぞ。
来る時間が遅かった前回の反省をもとにこの日やって来たのはまだ太陽の高い昼下がり。
前回来たメンバーの1人を連れ、またその扉をくぐった。

入店直後いきなり目に飛び込んで来たのは、
網に入れられ天井からぶら下げられた生きたスッポン。
夜の予約客用にとのこと。
オブジェのように普通にぶら下がっていたのでたまげてしまった。。

まあ何はともあれ宴の始まりだ。
この日はお通しからして変わり物2品。
まずはカメの手。

c0023252_142549.jpg

これは初めて食った。
見た目は何とも怪しいが、外の皮みたいなのを剥いで食うと味はなかなか。

続いてはサンショウウオの煮付け。

c0023252_1441667.jpg

これもまあ当然初めてだ。
口の中に入れると手足の突起が確かに伝わってくる。
味は特にクセとかもなくこれも普通に美味しい。

そして続いてはいよいよ前回食うことの出来なかったあの品を。
取り出されたそれはまだ生きており、カウンターの向こう側のまな板へと乗せられた。
ドン!ドン!とまな板の上で包丁を振るう音が聞こえてきた後出てきたのはこちら。

c0023252_14454129.jpg

なんと心臓とのこと。
牛や鶏のハツ刺しを食ったことはあるが、こいつの心臓を刺身で食える店はそうあるまい。
「動いているうちに飲み込んで」との店員さんの指示に従いゴクン。
うーん、飲み込んでしまうと味はわからんな。

そしていよいよこの日のメインディッシュの登場。

c0023252_145533.jpg

これだとちょっとわかりにくいかもしれないので、顔写真をアップで。

c0023252_1581883.jpg

そう、目当ての品はカエルの姿造りであった。
カエルを刺身で食ったことが無いことによる好奇心、(東京では恐らく)ここでしか食えない希少性、
見た目のインパクトが強いイベント性が自分を駆り立てた。
手を合わせ深々と頭を下げてから、にんにく醤油につけて肉を頂いた。
火を通したものはよく鶏肉に例えられるが、これも鶏のささみ刺しに近い感じ。
クセは無いが旨味もあまり無い淡白な味。

それにしても捌いている最中から店員さんが「こいつ元気だな~」なんて感心していたが、
確かにこのカエルの元気なこと。
途中まで静かにしていたのだが、突然クワックワッと手を伸ばして水をかくように動かしだした。
そして元気のあまり皿から転げ落ちたり。
箸で戻すには大きく重くて難しいのだが、手で元に戻すのにはちょっとためらいも感じたり。
平然と口にしながら、触るのに怯むこの不思議さよ。
結局3度くらい皿から這い出したが、ずっと放っておいたらどこまで行ったことやら。
本当に皿が目の前にある間は目を離す隙が無かったな。
頭と足を残して有り難く、有り難く頂きました。

それにしても普段から意識してはいるつもりだが、
姿造りというヤツは命を貰っているということをハッキリと再認識させてくれる。
忘れまじ、どんな肉をどのような形で食う時も。

まだまだ昼下がりの宴は続く。
続いては豚のオッパイ焼き。

c0023252_15451949.jpg

以前別の店で食ったことがあるが、歯応えも自分好みでこれがまた旨いんだ。
冷めてくるとちょっと臭味が出てくるのでとにかくこいつは熱いうちに食うべし。

そしてお次は先ほど残して返したカエルの頭と足を使ったスープ。

c0023252_1549187.jpg

ブツ切りにされてはきたものの、頭は原型が丸々。

c0023252_1550314.jpg

スープ自体の味付けもあるのかも知れないが、これは実に滋味深いスープだ。
美味。
それに足を食べて思ったが、火を通した方が旨味が出てくる肉のような気がする。
今度は姿造りじゃなくて丸焼きをいってみようかという気になったものだ。
顔の肉にしゃぶりつき、骨のまわりに残った皮をペリペリと剥がして無駄なく食い尽くした。
カエルよ、本当にご馳走様。

スープも飲んだのでここで締めても良いと思ったが、折角来たのでもう1品。
食える物としてあまり認知されていなさそうな品、フジツボ。
焼いて出してくれた。

c0023252_15593191.jpg

殻の中に三角形のような柔らかいところがあり、そいつを取り出して食うとのこと。
これがなんと予想以上に旨い。
お店の人はカニに例えていたが、確かにカニに近いような肉質と風味。
そして普通のカニ肉というよりはカニ味噌に近いような濃厚さもある。
これは見た目も味も食べ手を選ばない逸品の印象。
海に遊びに行ったら思わずフジツボ狩りを!・・・なんてするわけは無いが。

写真は無いが、この後お隣に座っていたご婦人から殻を開いたばかりのウニを一口頂いた。
さすがにみょうばんの味がしない新鮮なウニは旨かった!

こうして昼の宴は幕を閉じた。
ビールを3本か4本飲んで2人で5,600円。
店内に価格表示は無いので、気になる人は店員さんに聞くのが良いかと。
カエルは1日に2~3匹くらいの入荷とのことなので、
食いたい場合は昼に行くか、カエルの予約をしておく必要がありそう。
お店の人によると、以前独りで来て姿造りと丸焼きの2匹を食って帰った人がいたそうな。

生きたスッポンがぶら下がる店の中、
狭いカウンターで身を縮めながら下ネタやオヤジギャグ飛び交うこの空間で
昼下がりから飲み食いするこの贅沢な時間の素晴らしさよ。
(そしてここは若い店員さんがとても面白いのだ)
再開発話なんか吹っ飛んでしまえ!
[PR]

by ksk_com | 2005-06-25 16:38 | 外食 【和食・居酒屋系】


<< 2005年6月 『山根商店』@...      2005年6月 鴨の塩焼き、ラ... >>