飲み食いの記録を残そう

kskcom.exblog.jp
ブログトップ
2005年 07月 30日

2005年7月 イベリコ豚バラベリー by グルメミートワールド

イベリコ豚、前回はロースのステーキを食ったが今回はバラ肉のブロック。
単価は3850円/kgで、今回届いたのは850gで3272円。
ブロックとは言っても角煮とかで使う部位とはちょっと違って、大きめの切り落としくらいか?
厚さ1センチくらいの肉の板みたいな感じ。

c0023252_17455693.jpg

袋に入った状態でも確認出来たが、やはり袋を開けてみると結構な量の脂。

c0023252_1802163.jpg


さすがにこのままでは扱いようがないので小さく切り落として試食。

c0023252_1812158.jpg
c0023252_1815061.jpg

焼いている最中に漂ってくる香りが普段食べる豚と違って何とも香り高い。
塩のみで食ったが、上質な脂の旨味はやはり良い。
が、ちょっと筋っぽさが残った肉なので肉だけで上手く食うためにはこの部位はあまり適さないかも。

そして続いては、こちらでも登場した台湾のバーベキューソース沙茶醤と味覇を使って、
細切れにして最初に軽く炒めて火を通しておいた肉と合わせて炒飯を作る。
最初に軽く炒めたのは肉にしっかりと火を通す目的も有ったが、
焼くことによって出た肉の脂だけで炒飯を作りたかったのでね。

c0023252_1884425.jpg

いやぁ、不味く作りようのない料理ではあるがこれは旨かった!
それにこの部位の肉質は炒飯の材料としての適性が高い印象。
何とも贅沢な炒飯だ。
何が贅沢って材料の贅沢さもあるが、どこの店でイベリコ豚を使った炒飯を食えるというのだ。
料理万歳、通販万歳。

今度はグリーンカレーのペーストをまぶして焼いて食う。
当然残った脂でご飯を炒めて食う。

c0023252_1814313.jpg
c0023252_18145973.jpg

このエスニック風味と合わせて食うのもなかなか旨い。
が、他の味付けが塩だけだとキレは有ってもちょっとコクが物足りないかも。
肉そのものというのではなく、味付けのコク。

そしてその次はグリーンカレーのペーストを使って炒飯を作る。
コクを補完する材料として、相性も踏まえてナンプラーが欲しくなったが最寄コンビニにナンプラーは無し。
てっきり有ると思い込んでいただけにガックリ。
コンビニにナンプラーが無いとは日本の食卓事情もまだまだだな。
結局味付けというよりトータルでコクを増すためにニンニクをすり潰して投入。

c0023252_1819256.jpg

確かにそれなりの味には仕上がるのだが、グリーンカレーとニンニクだと味としてやはり少し物足りない。
ますますナンプラーが合いそうな気がしてきたこの頃。

続いては焼いた肉にエバラのタレとすり潰したニンニク。
残った脂で炒めたご飯にもエバラを投入して炒めてみた。

c0023252_18221589.jpg
c0023252_18224312.jpg

イベリコの風味はちょっと消えてしまうような気もするが、こうやって濃い味で食うのもまた良い。
それに同じ味で食い続けては面白く無いしね。
試行錯誤、これ重要。
そして旨かったのが残った脂で炒めたご飯!
かすかに残るイベリコの香りを感じながらジャンクに飯をかっ食らうこの楽しさ。
焼いた肉でワインがたくさん飲めるのは当然だが、この炒めたご飯でも結構な量を飲めてしまう。

そしてその次は焼いた肉にジンギスカン用のベルたれとニンニク。
勿論ご飯を炒めるのにもニンニク。

c0023252_18305228.jpg

ベルたれ自体初体験だったりしたのだが、これもなかなかいける。
ちょっと稚拙な例えになるが、味を丸くしたウスターソースというと味のイメージはしやすいかも。
ご飯は意識的に焦げ目をつけてみたがこれのまた旨いこと!
これもまたワイン止まらず。

そしていよいよ数日間にわたって繰り広げられたイベリコの饗宴もフィナーレへ。
会社帰りに途中下車して調達したナンプラーとグリーンカレーのペーストで食す。
手が脂でベトベトになってしまうのだが、焼く前に肉にすり込むようにペーストをまぶす。
そして炒めている間にナンプラーを投入して香りとコクを。

c0023252_18373963.jpg

これは旨い!!!
グリーンカレーとナンプラーの組み合わせは実に素晴らしい!
期待はしていたものの大満足の仕上がり。
どの味で食うのもそれぞれ違う旨さがあったが、自分的にはこの味付けが最強。
肉のインパクトには及ばなかったが、ご飯を炒めるのにもナンプラーを加えたがこれも旨かった。
最後の最後でこの味にたどり着けたのは実に幸運。

最後におまけでベルたれの写真とナンプラーの写真。

c0023252_18444728.jpgc0023252_18442016.jpg

ベルたれはなんと198円という安さ。
まあ安さそのものよりもスーパーで手に入ることはジンギスカンブームの恩恵と言って良いかと。
ナンプラーも1度にそんなにたくさん使う調味量ではないので346円というのはお買い得感があるな。

これだけ色々な食い方を考える楽しい時間を過ごせ、色々な味を楽しめば決して割高ではないかと。
まあ今回はイベリコ豚という高級かつ気合の入る食材だったので色々と試してみたが、
これが普通の豚であっていけない理由というのも特にない。
こうやって旨い料理を求めるマインド、食うことを楽しむその時間を大事にせねばと改めて痛感。

■仕入先のホームページ■
株式会社グルメミートワールド
[PR]

by ksk_com | 2005-07-30 18:51 | 通販


<< 2005年7月 『高味園』(新...      2005年7月 『DAL-MA... >>