2006年 06月 18日

沖縄での飲み食い その参  (2005年11月)

前夜のメシの後、買い込んだ泡盛とつまみでホテルで痛飲。
明けた2日目朝。

起き出して朝メシを食うにも折角の旅先なのでホテルのモーニングは避けたいところ。
とは言え店が開くまで我慢出来ず、朝飯を調達することにして来た店は「LAWSON」
ホテルのすぐ隣だったのだが、前夜のつまみ買い出しの際に気になった品が有ったのと、何より近いし。

朝メシに指名したのはこちらの面々。

c0023252_1264980.jpg

こちら、コンビニのレジ脇にあるおでんの品々。
まさに沖縄ならではの品で、左上から『てびち』(175円)、『豚ナンコツ』(155円)、『ポークウインナー串』(95円)。
そりゃちゃんとした料理店で食うのとは違うかもしれんが、コンビニおでんと侮ること勿れ。
東京で食うのと違って出汁もてびちやら豚ナンコツやらの風味が加わっているわけで。

しかしおでんで食う『てびち』こと豚足のまた旨いこと。
中国料理の八角とかの風味をきかせた豚足も旨いが、このやさしい味付けの豚足も癒える。
そしてウインナーは見ての通りだが、『豚ナンコツ』はいわゆる「ソーキ」のこと。
軟骨、そしてそのまわりに付いたプルプルっとしたところが実に良い。
東京だとラフテーかテビチに走ってしまいがちだが、ソーキもかなり自分の好みにヒットする品だ。

朝から豚ばかり3品というのに気付いた時にはちと萎えたが、味が優しいし脂も抜けているのでクドさは無い。
他でもデパ地下やらスーパーとかにもおでんコーナーが有ったが、
てびちの置いていない店は1つも無かった。
なのに東京で沖縄料理関係以外で豚足を入れているおでんを見た試し無し。
ソーキも含め「こんなに旨いのに・・・・」と思わず残念な気持ちにもなってしまうものだ。
この旅では改めて食うことは無かったが、沖縄おでんはかなり気に入ったのでまた来たら必食。
[PR]

by ksk_com | 2006-06-18 12:23 | 旅先での食事(国内)


<< 沖縄での飲み食い その四  (...      沖縄での飲み食い その弐  (... >>