2006年 06月 18日

沖縄での飲み食い その四  (2005年11月)

朝メシの後は首里へと向かい、最初に来たのがこちら。
ちょっと脱線気味だが「飲み食いの記録を・・・」と書きつつ、
量は結構飲んでいるもののあまり書いていない「飲み」の方をということで。

c0023252_1332373.jpg

こちらは泡盛の製造所である瑞泉酒造。
「ちょっと覗かせてもらえますかー」というような感じのところではなく、
見学者受け入れの態勢や販売所もある観光拠点のような感じ。

c0023252_137983.jpg

こんな感じで試飲も出来、旨そうに飲んでいたからか奥から違う種類のも持ってきて飲ませてくれました。
酒造見学を挟んでストレートでそこそこ飲んだこともあり午前中からちょいとホロ酔い。


昼はこの辺が拠点だったので昼飯は近くの「首里そば」

c0023252_13152613.jpg

営業時間が短いということもあって開店ちょっと前に店へ。

メニューはこんな感じ。

c0023252_13243116.jpg

折角なのでそばとサイドメニューを注文。
まずは『煮付け』(450円)の登場。

c0023252_13251449.jpg

見よ、この見事な三枚肉を!
皮付きのナイスなルックス、ダシのきいたさっぱりとした薄味が何とも良い。
大根とかも旨かったし、こういうサイドメニューがこの味で450円で食えるのは沖縄ならではか。

そして続いては『手打ちそば(中)』(500円)が。

c0023252_13303823.jpg

おお、こちらにもちゃんと三枚肉。
でもこんな三枚肉ならいくらでも食わせてもらいますよ。

しかし、このそばは食って確かに衝撃を感じた。
これまでは沖縄そばはあんまり食べたことが無かったし、
「沖縄そばも置いてます」という感じの沖縄料理店で食べたくらいだったが、
このそばは今まで食ったそれらのそばとは全くの別物と言えるくらい旨かった。

スープは雑味が無いながらもしっかりとした鰹ダシがきいていたし、
何より「固い」とかとは違う麺のコシに驚いた。
一般に言う「コシが有る」というのだけではなく、
その噛み切る時の感触、口の中に広がる麺の味までの全てが素晴らしかった。
時間が経ってしまっているので細かい表現が難しいが、今まで食った麺類の中でも屈指の旨さ。

いやぁ、この店は来て良かった。
有名店ではあるけど、観光地にありがちな「名前だけの有名店」とは全く違いました。

おまけ。
満たされた気分で店を出て1分も歩かないうちに目にしたのがこちら。

c0023252_13452835.jpg

おお、かわい過ぎるぜ。。
瑞泉酒造で10倍くらい飲んでいたら思わず一緒に寝転がってしまったかも。
人、食い物のみならず犬までも自分を癒す沖縄、本当に素敵だ。

ちなみにブログタイトルから誤解する人がいないように書いておくが、これは道端の記録。
さすがにこの犬を食ってはいないので悪しからず。(笑)
[PR]

by ksk_com | 2006-06-18 13:52 | 旅先での食事(国内)


     沖縄での飲み食い その参  (... >>