飲み食いの記録を残そう

kskcom.exblog.jp
ブログトップ
2005年 01月 29日

2005年1月 『海鮮鮨処 磯乃香』@東京/阿佐ヶ谷 【寿司】

この店は以前『東京レストランガイド』をダラダラ見ていた時に見つけ、
近いということもあって昼に訪れたのが最初。
1,000円のランチの内容がお得で気に入り、夜にちょくちょく行くようになり始めた。
(検索をかけたら店のホームページも見つかった)

高級店に行ったことは無いので比較の対象はあまり無いが、
安くはないものの内容を考えると結構満足出来る魚が出てくるし、
『桃太郎寿司』の元店長という大将は非常に競馬好きで週末に行くと話が弾むし、
夜は日が替わるくらいの時間でもやっている。

店にメニューはあるものの、基本的に夜は「メニュー」という概念が無くなり、
座っていると色々なものを出してくれる面白さも楽しいし、
「旨い物を食わせてやろう」という気持ちが伝わってくるのがとても良い。

ちなみに面白い店を作り出しているここの大将は結構キャラクターが濃いので、
静かに食べたかったり、「寿司屋像」なんかがある人には向かないような印象。
あまり「枠」にとらわれない店であったり、店は喫煙可(大将自身も愛煙家)だけに、
一般に言うならば「寿司屋」というよりは「海鮮居酒屋」のカテゴリーに入る気もする。

さて、すっかり前置きが長くなってしまった。
1月は「今年初訪問」のフレーズが並ぶが、この店もこの時が今年初訪問。

この季節定番のあん肝から始まるのだが、
ここのあん肝は他で食うのよりも濃厚で旨い。

c0023252_13561590.jpg


続いては刺し盛。
中トロ、平貝、赤貝、タコ、カワハギ(肝付き)、そして甘エビ、タラバである。

c0023252_149923.jpg


まあ結構よく食うものが多いのだが、お気に入りはタコ。
僕は刺し身でタコを食う場合は茹できったのよりも、生っぽい方が断然に好きである。
歯応えもそうだし、口に広がる甘味と塩気のコントラストが何とも言えない。
このタコはそんな僕の欲求を十分に満たしてくれる。
あとはこのタラバは身の詰まり方が良かったなぁ。。
普段口にする機会のあるタラバなんて質もたかが知れているから比較にならないが、
肉密度が断然に違うのだ。

続いてはウニ。
劇的に旨いとまではいかないが、そこらで食うみょうばん?の変な味がするのと違って、
ウニ本来の美味しさがシンプルに伝わってくる。

c0023252_14132346.jpg


マテ貝は、屋台の焼きとうもろこしのようなタレ焼きの香りが脳天を実によく刺激する。
これは旨いは旨いが、味の旨さよりも香りの旨さの方が勝ってしまう一品。

c0023252_14155917.jpg


続いては大将が「天然ブリで旨いよ!」と言ってくれて焼きを出してくれた。
これは脂の乗りがとても良くありながら変なしつこさがなく本当に旨い!!
この日食った中では1番気に入った。

c0023252_14215029.jpg


次はなんだろう?聞くのを忘れてしまったがサバとかかな?煮付けです。
うーん、これはちょっと味が濃すぎる。
この店は煮付けの味が全般的に濃いと思う。
芋焼酎とかフルボディの赤ワインとかを飲みながらチビチビつまむくらいで丁度良さそう。

c0023252_14262435.jpg


最後にちょっとだけ食べ足したくなったのでゲソの握りを。
美味しい美味しくないも含めてこれは特に印象に残っていない。

c0023252_14282691.jpg


この日は結構食ったのと、ビールと米焼酎を結構飲んだこともあって会計は8,100円。
多分、半分くらい酒の値段なのであまり参考にはならないと思うが。
そうそう、この店に行くことがあったら是非焼酎のロックを頼んでみてほしい。
その盛りが実に見ものなのだ。


【おまけ】
ちなみに、今までこの店で食って旨かったものを以下に。

カワハギの造りと肝。
カワハギは身もまあまあ美味しいが、肝は本当に驚きの味。
食ったことが無い人は是非食ってみて欲しい。
少なくとも僕が今まで食った他のどんな肝よりも濃厚でコッテリしている。
一方で、それだけに少量で良いし、そう頻繁に食べたくなるわけでもないが。
もうこれは体に良くないことは間違いないだろう。(笑)

c0023252_14401898.jpg


続いてはなんとハム。(爆)
かりにも鮨屋を名乗る店でハムを出してくるのである。
そして「ハムステーキ」と名付けられまわりに焼き目をつけて出されたそれが、
今まで食ったどんなハムよりも旨いから本当に驚きである。
御殿場にある「二の岡フーズ」というところのハムだそうだ。

c0023252_1444507.jpg


そしてこれも「非鮨屋系」であるブイヤベース。
お椀を頼んだら何故か出てきたのはブイヤベース。
しかし、これもまた旨いのだ。

c0023252_1447831.jpg


続いてはウナギシリーズ。(笑)
本当にここは鮨屋か?
しかしこのウナギもそんじょそこいらで食うウナギより旨いからまた不思議。
生きているのをさばくところからやってくれて、蒸して焼いて出してくれるのだ。
ウナギ自体の質の良さもあろうし、調理過程で取り置かれないことが良いのだろう。
刺し身が美味しくなかったらウナギ屋に転向することを勧めたくなる。
蒲焼の方はタレの味付けが甘くてちょっと濃いが、特に白焼きはとても美味しかった。
ニンニクと合わせて食うのは初めてだったが、これがもうたまらない組み合わせだ。

c0023252_14533639.jpg

c0023252_14541072.jpg

c0023252_14545151.jpg
[PR]

by ksk_com | 2005-01-29 14:55 | 外食 【和食・居酒屋系】


<< 2005年1月 『Japane...      2005年1月 『梁の家』@東... >>