飲み食いの記録を残そう

kskcom.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:外食 【うどん】( 4 )


2005年 10月 29日

2005年10月 『東京麺通団』@東京/新宿 【讃岐うどん】(2)

うどんを食いに来るのもありだが、居酒屋スタイルで使える営業形態が嬉しい店。
が、この日は牛ホルモンを素揚げした油かすを使った『かすうどん』(値段失念。が、500円未満)を食いに来店。
飲みメインじゃないってこともあって大サイズのうどん、半熟玉子の天ぷら、じゃこのかき揚げと焼酎1杯だけロックで。

c0023252_1453463.jpg

うーん、揚げられたホルモンの旨味がつゆに染み出し、噛めば噛むほど広がる旨味を想像していたが、
そもそもの油かすが甘い昆布の中にわずかに和えられている程度で想像していた旨味にたどり着けず。
「違いはするものの、良い意味での裏切りであった」などということもなく、これは単に期待外れ。
まあうどんとしては普通に美味しかったけど、油かすを使ったうどんとしてね。

■お店のホームページ■
麺通団公式ウェブサイト
[PR]

by ksk_com | 2005-10-29 15:00 | 外食 【うどん】
2005年 09月 10日

2005年9月 『豚や』@東京/荻窪 【武蔵野うどん】(2)

前回に引き続いての訪問。
もっと違う店でこのうどんを開拓もしてみたいのだが、地理的な条件もあるしなぁ。

前回と同様に昼から焼酎を飲んでしまうのだが、この日はつまみは見合わせる。
結構良い値段になってしまうからね。
うどんの注文は前回と同じ『豚肉汁うどん(黒うどん・醤油味)』(850円)。
塩味のつけ汁に白うどんをつけて食う方も気になったが、前回から少々間隔が空いたこともあって、
まずはこのうどんの味を舌に焼き付けねばと思って再度チャレンジ。
連食とかであればこういうのは必要ないんだろうけど。

c0023252_23203211.jpg

今回はまずつけ汁につけずにうどんをそのまま口にしてみたが、
「これが小麦の香り、そして味かっ!」という強さが有る。
やはりこれは旨い。
と言うか間違いなく好きですな。
あっという間に食い尽くしてしまい、最後は当然スープ割り。
割るスープの魚の出汁の強さ、やはり結構なものだ。
次回は白うどんを・・・、いや、別の店の武蔵野うどんも食ってみたいものだ。
[PR]

by ksk_com | 2005-09-10 23:26 | 外食 【うどん】
2005年 09月 04日

2005年8月 『豚や』@東京/荻窪 【武蔵野うどん】

とあるサイトで初めて知り、旨い旨いと言われて気になっていたご当地「武蔵野うどん」。
東京に暮らしながら知らなかったこのうどん、近場で食える店があると知って休日の昼下がりに勇躍訪問。
自転車で行ったから良いものの、駅から歩くとこりゃ結構あるな。。

うどんは国産小麦を使った黒うどん、輸入物の小麦を使った白うどんの2種類があるとのことだが、
黒うどんの方に興味を持ったので『豚肉汁うどん(黒うどん・醤油味)』(850円)をメインディッシュに、
芋焼酎のロックと、気になったつまみの『とうふみそ漬け(珍味)』(580円)でうどんの登場を待つことに。

c0023252_13563559.jpg

おお、これは旨い!!
沖縄の豆腐ようとはちょっと違うかもしれないが、ああいう感じの濃厚さがあって酒が進むのなんの。
別の店で食ったたまごのみそ漬けも旨かったが、こちらの方がさらに旨いかも。
大きさは大したことないけど、濃厚さがある分チビチビと楽しめて良い。
うどんを食いに来つつも酒とつまみで登場を待つのはどうかというのはあるが、
こういう旨いつまみにめぐり合ってしまうからやめられませんな。
その旨さ、うどんの登場を待たずして焼酎をお替りしてしまった程に。(殴)
まだお昼ですよ、お兄さん。

そしていよいよ待ちにまったうどんの登場。
結構なボリュームがあります。

c0023252_146840.jpg
うどんを食って最初の印象は「おお、小麦って旨い!」。
豚バラ肉の薄切りが入ったつゆにつけて食うのだが、
うどんには粉の存在感を感じさせるコシがあり、噛み締めると小麦の香りと味が口の中に広がる。
ツルッとした喉越し、モッチリとした食感の讃岐うどんとは違う、どこか朴訥さを感じさせるうどん。
表現として適切かどうかはわからんけど、この朴訥とした感じがとても気に入りました。

全くの別物と言ってしまえばそれまでだろうが、
何故か麺が太かった頃の『生郎』(旧『ラーメン二郎 吉祥寺店』)を思い出した。
昔のあそこの麺は固さがダメな人は多かっただろうが、あの存在感ある麺が懐かしいなぁ。

ラーメンと比べると僕はあまり好きではない「つけ麺」と同じ食い方なのだが、
このうどんを食うにはこうやってつけ汁につけて食うのはよく合う食い方なのかもしれないね。
コシを出すためには1回冷やす必要はあるが、味や香りを楽しむにはある程度の温度が必要な気もするし。
まあまだまだ何回か来て色々と食ってみよう。

とりあえずうどんのアップ写真を。

c0023252_1481545.jpg

写真じゃあんまり良くわからないかもしれないけど、ここのうどんは確かに黒みを感じた。
もともと黒っぽさがある国産小麦を使うことにくわえ、
通常は材料から取り除く「ふすま」と呼ばれる外皮や胚芽も使っているのでより風味が残るとのことだ。

つけ汁のアップ写真も。

c0023252_1473858.jpg

豚バラ薄切りとネギの入ったこの汁はちょっとした甘味を感じさせながらも強さの有る濃い目の味。
うどんを食い終わる頃に頼むと出汁で割ってくれるのだが、これがまた旨いのなんの!
かなり魚の出汁が強めに出た汁で割ってくれるので、やや甘味のあった汁が大きく表情を変えた引き締まった味に。
このうどんを食ったら出汁割りは必須でしょう。
この出汁割りはかなり気に入りました。

東京に住みながら知らなかった武蔵野うどん、この店だけでなく色々な店で食ってみたいものだ。
それにあのみそ漬けも旨かったので、「みそ漬け」という料理にも今後関心を持って追いかけていきたいな。
[PR]

by ksk_com | 2005-09-04 15:00 | 外食 【うどん】
2005年 08月 08日

2005年8月 『東京麺通団』@東京/新宿 【讃岐うどん】

開店直後くらいに来て以来か?
ちょっと前に来ようとしたが結局他に行ってしまったりと実に久々。

この日は友人に声をかけて、ちょいと飲んでの夕飯。
カフェテリア方式と言うか、好きな品を取って最後にまとめて会計というシステム。
今回は酒を飲むので冷やしを・・・ということで『ひやたま(小)』(340円)のほか、
エビちくわ天、じゃこ天、半熟卵天、おでんの牛すじ、そして焼酎を。(結局米と芋の2杯)

c0023252_8482615.jpg

うどんは冷やということもあってコシがあってなかなか旨い。
天ぷらは作り置きなんだけど、まあこの値段(1つ100~150円)ならどうこう言うことはない。
半熟卵天というのは初めて食ったけどこれは面白かったし旨かったな。
酒を頼むとついてくるのか、揚げたうどんはつまみにはうってつけ。

焼酎が1杯590円、2杯で1,180円というのはもうちょっと安ければ嬉しいんだけど、
それに加えてうどんとおでん、天ぷらを食って1,970円ならまあ良し。
「旨いうどんが食いたい!」とか気合いを入れて来る店ではないと思うが、
遅い時間までやっているので夜メシだったり軽い飲みとかで来るには結構重宝。
実際この日もそんな感じの若い客が多かったな。

■お店のホームページ■
麺通団公式ウェブサイト
[PR]

by ksk_com | 2005-08-08 00:02 | 外食 【うどん】