飲み食いの記録を残そう

kskcom.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:旅先での食事(国内)( 13 )


2006年 06月 18日

沖縄での飲み食い その四  (2005年11月)

朝メシの後は首里へと向かい、最初に来たのがこちら。
ちょっと脱線気味だが「飲み食いの記録を・・・」と書きつつ、
量は結構飲んでいるもののあまり書いていない「飲み」の方をということで。

c0023252_1332373.jpg

こちらは泡盛の製造所である瑞泉酒造。
「ちょっと覗かせてもらえますかー」というような感じのところではなく、
見学者受け入れの態勢や販売所もある観光拠点のような感じ。

c0023252_137983.jpg

こんな感じで試飲も出来、旨そうに飲んでいたからか奥から違う種類のも持ってきて飲ませてくれました。
酒造見学を挟んでストレートでそこそこ飲んだこともあり午前中からちょいとホロ酔い。


昼はこの辺が拠点だったので昼飯は近くの「首里そば」

c0023252_13152613.jpg

営業時間が短いということもあって開店ちょっと前に店へ。

メニューはこんな感じ。

c0023252_13243116.jpg

折角なのでそばとサイドメニューを注文。
まずは『煮付け』(450円)の登場。

c0023252_13251449.jpg

見よ、この見事な三枚肉を!
皮付きのナイスなルックス、ダシのきいたさっぱりとした薄味が何とも良い。
大根とかも旨かったし、こういうサイドメニューがこの味で450円で食えるのは沖縄ならではか。

そして続いては『手打ちそば(中)』(500円)が。

c0023252_13303823.jpg

おお、こちらにもちゃんと三枚肉。
でもこんな三枚肉ならいくらでも食わせてもらいますよ。

しかし、このそばは食って確かに衝撃を感じた。
これまでは沖縄そばはあんまり食べたことが無かったし、
「沖縄そばも置いてます」という感じの沖縄料理店で食べたくらいだったが、
このそばは今まで食ったそれらのそばとは全くの別物と言えるくらい旨かった。

スープは雑味が無いながらもしっかりとした鰹ダシがきいていたし、
何より「固い」とかとは違う麺のコシに驚いた。
一般に言う「コシが有る」というのだけではなく、
その噛み切る時の感触、口の中に広がる麺の味までの全てが素晴らしかった。
時間が経ってしまっているので細かい表現が難しいが、今まで食った麺類の中でも屈指の旨さ。

いやぁ、この店は来て良かった。
有名店ではあるけど、観光地にありがちな「名前だけの有名店」とは全く違いました。

おまけ。
満たされた気分で店を出て1分も歩かないうちに目にしたのがこちら。

c0023252_13452835.jpg

おお、かわい過ぎるぜ。。
瑞泉酒造で10倍くらい飲んでいたら思わず一緒に寝転がってしまったかも。
人、食い物のみならず犬までも自分を癒す沖縄、本当に素敵だ。

ちなみにブログタイトルから誤解する人がいないように書いておくが、これは道端の記録。
さすがにこの犬を食ってはいないので悪しからず。(笑)
[PR]

by ksk_com | 2006-06-18 13:52 | 旅先での食事(国内)
2006年 06月 18日

沖縄での飲み食い その参  (2005年11月)

前夜のメシの後、買い込んだ泡盛とつまみでホテルで痛飲。
明けた2日目朝。

起き出して朝メシを食うにも折角の旅先なのでホテルのモーニングは避けたいところ。
とは言え店が開くまで我慢出来ず、朝飯を調達することにして来た店は「LAWSON」
ホテルのすぐ隣だったのだが、前夜のつまみ買い出しの際に気になった品が有ったのと、何より近いし。

朝メシに指名したのはこちらの面々。

c0023252_1264980.jpg

こちら、コンビニのレジ脇にあるおでんの品々。
まさに沖縄ならではの品で、左上から『てびち』(175円)、『豚ナンコツ』(155円)、『ポークウインナー串』(95円)。
そりゃちゃんとした料理店で食うのとは違うかもしれんが、コンビニおでんと侮ること勿れ。
東京で食うのと違って出汁もてびちやら豚ナンコツやらの風味が加わっているわけで。

しかしおでんで食う『てびち』こと豚足のまた旨いこと。
中国料理の八角とかの風味をきかせた豚足も旨いが、このやさしい味付けの豚足も癒える。
そしてウインナーは見ての通りだが、『豚ナンコツ』はいわゆる「ソーキ」のこと。
軟骨、そしてそのまわりに付いたプルプルっとしたところが実に良い。
東京だとラフテーかテビチに走ってしまいがちだが、ソーキもかなり自分の好みにヒットする品だ。

朝から豚ばかり3品というのに気付いた時にはちと萎えたが、味が優しいし脂も抜けているのでクドさは無い。
他でもデパ地下やらスーパーとかにもおでんコーナーが有ったが、
てびちの置いていない店は1つも無かった。
なのに東京で沖縄料理関係以外で豚足を入れているおでんを見た試し無し。
ソーキも含め「こんなに旨いのに・・・・」と思わず残念な気持ちにもなってしまうものだ。
この旅では改めて食うことは無かったが、沖縄おでんはかなり気に入ったのでまた来たら必食。
[PR]

by ksk_com | 2006-06-18 12:23 | 旅先での食事(国内)
2006年 06月 11日

沖縄での飲み食い その弐  (2005年11月)

昼メシの後、那覇中心地を探索したりした後に夜メシを食いに来たのは「あんつく」なる店。
海外だったら扉を開けるのにちょっと勇気がいる場所、そして外観だったがここは沖縄。
勇んで暗い店内へと足を踏み入れた。

飲み物はオリオンで始めることにし、つまみを数点注文。
最初に出てきたつまみは『じーまーみとーふ』(300円)。

c0023252_198845.jpg

何これ?
思わず「うぉぉぉぉ!!」と声をあげてしまいそうになったくらい、この豆腐は旨い!!
今まで食っていたジーマミー豆腐とは全くの別物に思えてしまったくらいに本当に旨かった。
「ジーマミー豆腐の食文化圏」を考えると「これは世界で1番旨いジーマミー豆腐」と仮認定。
勿論世の中まだ知らぬ旨い物が転がっているので「これ以上に旨いのは無い」と断言するわけではない。
むしろ「これ以上、或いはこれと同じくらい旨いジーマミー豆腐が有ったら是非教えて欲しい」、そういうことだ。
旨いうえに300円と安かったので思わずお替りしてしまいました。
いやぁ、それにしてもこれは本当に旨かった。

そして他には『とーふよー』(250円)、『中身いりちぃ』(500円)、『すぬい』(300円)、『みみがー』(300円)やら。
それにしてもこの店、現地の言葉で書かれたメニューに説明書きも写真も無いので、
沖縄料理をあんまり食ったことがない人には何がなんだかさっぱりわからなそうな。

c0023252_19161751.jpgc0023252_21575076.jpg
c0023252_1916423.jpgc0023252_19173912.jpg

この豆腐ようも今まで食ったのとは違う旨さが有った。
工業製品っぽい嫌らしさもなく、マイルドで非常に口に馴染む感じ。
今までは「酒飲みにはたまらん」という触れ込みに納得しきっていない部分もあったが、
この豆腐なら確かに食い続ける気にもなれるし、酒もいくらでもいけてしまいそうな。。

ちなみに酒はこの辺で泡盛のカラカラに切り替え。
いやぁ、やはり泡盛はカラカラのを手酌でぐい飲みに注いで飲むのが良いなぁ。
東京にいるとロックで飲んでしまうこともあるが、薄めずにショットで飲むこの幸せよ。
それに東京でのグラス1杯の値段で、量的には倍の1合が味わえてしまうし。

さて、『すぬい』こともずくはさすが産地だけあってさすがに普段東京で買うのよりは全然旨い。
東京で食うのも好きではあるのだが、最初から味がついているヤツだとその味がどうも。。

『中身いりちぃ』こと豚ガツの炒め物や『みみがー』は普通に美味しかったが、
ジーマミー豆腐のインパクトと比べると値段以外は東京で食えなくもない感じ。

そして続いてはこの店に来た時点では「ふーちばー」も「じゅーしー」も知らなかったので気になった、
『ふーちばーのぼろぼろじゅーし』(400円)を。
どういう品かは聞けばわかることだろうが、
注文した時点で全く様相がわからないものが自分に供されるのを想像するのもまた楽しい。
さらにラストオーダーの時間だったからかな、折角だからと『らふてー』(700円)も注文。

c0023252_21351276.jpg

こちらが『ふーちばーのぼろぼろじゅーし』。
今となってはなんてことないが、「ぶーちばー」はよもぎ、「じゅーしー」とは炊き込みご飯のこと。
「ぼろぼろ」とは雑炊風に煮込んだものを指すってわけだ。

いやぁ、しかしこれが旨いのなんの。
これだけで食っても旨いが、右奥にかすかに見える生卵を投入するとまた違った風情に。
ガツンとパンチがあるような料理ではないけど、心身ともに非常に癒える素敵な料理でした。

c0023252_2225513.jpg

最後のこいつはまさかちょっと前に食った品が雑炊とは想像もしなかったのでやや蛇足の感有り。
角煮とは違う「沖縄風おでん」的な味付けは好みだったしよく煮込んでギトギト感が抜けてるのも好みだったが、
肉自体にもう少し脂身が有る方が自分としては良かったかな。

ここで食った品の中の自分的な感想としては、
「じーまーみとーふ>>ふーちばーのぼろぼろじゅーし>>>>その他」って感じか。
他の品も安いうえに旨かったのだが、自分好みの2品はまさにツボにはまった感じ。
沖縄料理店に行くと思わずジーマミー豆腐を頼んでしまうような人が沖縄に行く機会があったら、
この豆腐を食いにだけ行く価値もあろうと思ったほどだ。
暗くて静かな店なので1人客に優しい雰囲気なのがこの時の自分にはまた良し。
あー、書いててまた食いたくなってきた。。
[PR]

by ksk_com | 2006-06-11 22:20 | 旅先での食事(国内)
2006年 05月 08日

沖縄での飲み食い その壱  (2005年11月)

現地に到着するなり減った腹を満たしに来たのはこちら『ひかり食堂』というお店。
いや、満たしに来たのは空腹感と言うよりも自分の好奇心と言った方が適切か。
那覇の中心地からバスに乗って少々。

c0023252_22415625.jpg

「てびち専門店」とあるように我が大好物の1つである豚足料理のお店である。
沖縄に着いての最初の食事にこういう店を選ぶ自分に萌え。
単品料理をいくつか頼むようなお店ではなく基本的には定食類がメインのお店なので、
1人で色々と味わうにはちょいとハードルが高い。

c0023252_22483177.jpg

とは言えこういうメニューから何食おうか考える時間自体がまた実に幸せ。

結局注文することにしたのは『てびち汁(小)』(735円)。
以前食ったことのある煮付は脂が抜けきっていなくてあんまり好みではなかったのでこちらを優先。

c0023252_22524469.jpg

おお、これだよ、これ!!
この旨そうなルックスに思わずウットリ。
そんな魅惑的なてびちはアップでも載せておこう。

c0023252_22543611.jpg

見てそう思われる方もいると思うが、「小」サイズを頼んだにもかかわらず結構なボリューム。
骨太な豚足が丼に盛られ、ご飯もしっかりと。

食ってみるとこれが旨いのなんの!!
豚足って下処理をしっかりして時間をかけて火を通さないと脂が抜けきらなかったり、
豚の臭みが残ってしまうものだが、これは十分に処理がされ臭みも全くと言って良いほど無し。
優しい味の汁も旨いし、このてびちも本当に旨い。
今まで何回か食ったてびち汁もそれぞれ好きだが、これは今まで食った中で1番好きかも。
来ていきなり味わう至福のひととき。

さて。

こう旨いと気になり始めるもう1つの主要メニューの『てびち煮付』。
いや、気になった時点で、或いは店に来た時点で既にこうなる運命だったか・・・。
ちょっと遅い昼飯だったので夜の食事に向けて胃の具合が気になりもしたが、
心の中では既にブレーキではなくアクセルを目一杯踏み込んでいて。

「てびち煮付の小(735円)をお願いします。」
店のお婆ちゃんが嬉しそうにニッコリと笑って注文をとってくれた。
こんな旨い物食わせてくれる上にそうやって喜んでもらえるとは何という幸せ。
お婆ちゃん、ありがとう。。

c0023252_2384083.jpg

おお、これもまたナイスなルックス。
そして汁の方と同様に臭みも全く無く、濃すぎない味がしみこんだてびちの旨さと言ったら。
こりゃ本当にたまらんわ。
茹でて冷やしたヤツしか知らずに豚足を敬遠する人々が本当に可哀想にすら思ってしまうような旨さ。
豚足はじっくり煮込んだものを温かい状態で食ってこそ旨いと個人的には思うのだが。
旨いが故に「こんなのが食いたい時に食えたら・・」と旅先での食事であることにちょっと恨めしさも感じたり。
とにかくそう思ってしまうほど旨かったってことだ。

「ご馳走さま、美味しかった!」と言い店を出る時にまたもやニッコリと微笑む店の婆ちゃん。
嬉しそうにしてくれてたけど、この時は自分の方が嬉しかったってことに自信有り。
最初の昼飯から当初の予定以上にガッツリと食い込んでしまったが、「また絶対に来よう」そう心に誓った。
[PR]

by ksk_com | 2006-05-08 00:10 | 旅先での食事(国内)
2006年 03月 13日

急遽沖縄

昨年11月、ちょっと遅くはあるが諦めていた夏休みが急にとれることとなった。
こんな時期に翌週から都合を合わせられる人などいるはずもなく、図らずもまたもや独り旅。

国内外のいくつかの候補地の中から選んだ行き先は沖縄。
とにかく食いまくった2005年の自分に若干辟易とする気持ちもあり、
普段は旅先選定にあたって大きな要素となる現地の食い物はそれほど重視はしなかったが
「どうせ行くなら色々と食ってやろうか」とそこそこ下調べをしたうえで沖縄の地を踏むこととなった。
[PR]

by ksk_com | 2006-03-13 01:29 | 旅先での食事(国内)
2005年 03月 24日

2005年3月 『だるま (本店)』@北海道/札幌/すすきの 【ジンギスカン】(2)

帰りの飛行機まで時間の余裕がないにも関わらず、この日も2軒目で来てしまった。。

c0023252_1455078.jpg

行列はほとんど無かったのだが、丁度行列客を飲み込んだ後だったようで結局前日と同じくらい待った。

何が変わるわけもなく、前日と同じように肉を焼き、野菜を焼いて頬張るだけ。

c0023252_1464241.jpg

前日食ったからと言って刺激が弱くなるということもなく、同じように旨い!!
全く同じというのもつまらないので、この日は肉を1枚お替り。
そして小ライスを注文。

c0023252_14863.jpg

c0023252_1491189.jpg

ライスを頼んだ客にはあとでお茶を足してくれてお茶漬けにしてくれる。
みんなジンギスカンのタレをご飯に垂らしてから注いでもらっていたので、自分も真似してしまった。
が、これはちょっと拍子抜け。
僕はこうやって食べる理由はわからなかった。。

空港までの電車での周りの人、飛行機の隣の人に申し訳ないくらい羊の香りを全身にまとって店を出た。
街の中を恐竜が歩いていたら恐らく真っ先に食われてしまうであろうくらいの美味しそうな香りだ。
前回書き忘れたが、すごい臭いがつくので決してキレイな服で行ってはならない店なのだ。

以上、1泊2日で記事8本。
アホなくらい飲み食いして、壮絶な初の北海道旅行は幕を閉じた。
[PR]

by ksk_com | 2005-03-24 01:52 | 旅先での食事(国内)
2005年 03月 24日

2005年3月 『サッポロビール倶楽部』@北海道/札幌/すすきの 【居酒屋】

1泊2日だけにこれが帰京を控えた最後の夜。
夕飯食って帰るためだけに、遅い飛行機にするオレ萌え。

前夜食ったジンギスカンが衝撃的だったので、どうせだったらジンギスカンを食べ比べて帰ることに。
ただ、ジンギスカンだけの店だと時間つぶしが出来なさそうでイヤなので選んだお店がこちら。

ジンギスカンは後で食うことにして、とりあえず最初のつまみを選ぶためにメニューを眺める。
目を引いた『活つぶお造り』(600円)と『ズワイ蟹(刺身)』(780円)と酎ハイ(380円)を注文。
酎ハイなんて昔は絶対に飲まなかったのだが、
このまま行くとかなりの確率で痛風になりそうな気がしているので
ビールの気分でない時は「とりあえずビール」はやめようかな、ということで。

c0023252_1384831.jpg

c0023252_1393676.jpg

おお、安いのでほんの少しだけ出てくるのかと思っていたけど、
つぶ貝は貝まる1つ、ズワイはなんと足が4本も付いてきた。
つぶ貝の方は「これぞ貝!」というような歯応えと貝の風味を満喫。
東京で食う貝よりも味が強い。
ズワイはちゃんとカニの味がするし、刺身ならではの甘味もある。

勿論両方ともこの店より旨くて安いのを出す店はいくらでもあろうが、
こういう店でこれくらいの質のが安い値段で出されていることにむしろ驚いたものだ。
地方の人が東京で魚を食いたがらない理由もわかる気がするね。

飲み物も珍しい酒があって
『礼文こんぶ焼酎』(500円)とか『北海男爵(じゃがいも焼酎)』(700円)をロックで。
こんぶ焼酎は確かにこんぶの風味と、あのネバネバしそうな感じが伝わってくるし、
じゃがいも焼酎の方は生っぽいじゃがいもの風味を感じることが出来る。

ちなみにこの店の店主に「こういう焼酎飲んだ」と話したら、
これは甲類焼酎に後からそれぞれの素材の風味をつけているってのを教えてくれた。
所謂本格焼酎とは違うとのことで、
しそ焼酎の「鍛高譚」とかを出している合同酒精という会社の製品ラインアップの一角とのこと。

ちょっと話が逸れたが、本来であれば「さあ、いよいよジンギスカン!」なのだが、
刺身でこの店に満足してしまったのと、食べ放題もやっているこの店で食うこともあるまいと思い〆てしまった。

■お店のホームページ■
ようこそ サッポロビール倶楽部
[PR]

by ksk_com | 2005-03-24 01:43 | 旅先での食事(国内)
2005年 03月 21日

2005年3月 『うろこ番屋』@北海道/小樽 【海産物】

テクテクと歩いていたら色々と海産物を売っている店を発見。

c0023252_13291950.jpg


かにの味噌汁が200円と安いので、
声をかけられた「旅の思い出に」というセリフに乗って食ってみることにした。

c0023252_13314649.jpg

カップに盛られたカニの上から味噌汁をかける方式。
「あれ、ちゃんとカニでダシをとっていないのかな?」なんて思ったが、
食ってみると結構カニのダシが強く出ている。
カニは毛蟹と、多分タラバではなくアブラ蟹の2つが使われていた。
(店頭でのカニの販売でタラバとアブラを区別していたので)

ダシをとった身を1回取り出して、具として再利用しているっぽく、
さすがに旨味は抜けてしまっているが、何と丁寧に殻にハサミで切れ目が入れてある。
この値段でこの気遣いはお見事。

如何せん気温が氷点下なのですぐに冷めてしまったけど、
200円という値段を考えれば十分に満足出来るのではないかと。
敢えて行く店ではないけど、前を通りかかれば「旅の思い出に」としていいかもね。

下の写真は最後に残った殻だけを撮ったものだけど、結構量もあるでしょ?

c0023252_133818.jpg


■お店のホームページ■
(株)サンウロコ 鱗商会
[PR]

by ksk_com | 2005-03-21 13:39 | 旅先での食事(国内)
2005年 03月 21日

2005年3月 『伊勢鮨』@北海道/小樽 【寿司】

折角北海道まで来たので、札幌以外の都市にもということで小樽へ。
そして折角だから寿司を食うことにしました。

c0023252_12341938.jpg


こういうところで寿司を食うならこの地ならではのものを、と思い
北海道周辺で採れた魚介のみを使った『道産握り』(3,700円)を注文。
寿司12貫にお椀がつく。

c0023252_1238512.jpg


店内に書いてあった情報を参考にネタと種類は以下の通り。
北寄(苫小牧)、いか・そい・たこ・車子(小樽)、かき(サロマ)、ぼたんえび(るもい)、
いくら(羅臼)、うに・ずわい・ほたて(根室)、さけ(不明)。
全て味が塩や煮切りなど味が付いてきている。

生かきは今までに食ったことのないくらいの鮮度と濃厚さだったなぁ。
最近まで生かきは食えなかったので大したキャリアではないけれど。

他のもどれも美味しかった気がするけど、
それぞれポーションが大きくないこともあってか、あまり印象に残ってはいない。
これはここの魚がどうとか言うのではなくて、
自分にとって「寿司」という料理がまだそういう位置づけでしかないということのような気が。
今の自分にとっては、「寿司」という料理は本能で味わう部分よりも思考で味わう部分の方が大きい。
(刺身の場合は本能で味わう割合がグンと上がる)
何だか上手く言えないが。

そういうこともあってか、握りだけに3,000円以上を使うというのはちょっと抵抗もあったし、
「満足!!」というような後味でもなかった。
繰り返すが、以上もろもろは「この店の寿司に対して」ではなく、「寿司一般に対して」の話である。

「インターネットでこの店を知った」と言ったら、(それが理由かはわからないが)
最後にぼたん海老の味噌和えをおまけで出してくれました。

c0023252_1305758.jpg

旨かったのだが、こんな感じで色々考えながら食べていたので味の記憶がちょっと濁ってしまった。

そうそう、この店で面白かったのが、店の人が競馬好きなこと。
1人ということもあって運良くカウンター席に座り会話をしているうちに競馬の話になったのだが、
大将がしゃべるしゃべる。。
途中で「あれ、何だっけ・・」みたいに会話が詰まると、
横でだまって仕事をしていた若い職人さんがとっさに「○○です」みたいに援護射撃。(笑)
何だか北海道らしさを感じてほのぼのとしてしまったものだ。

■お店のホームページ■
小樽 鮨処 伊勢鮨
[PR]

by ksk_com | 2005-03-21 13:31 | 旅先での食事(国内)
2005年 03月 21日

2005年3月 『リトルスプーン(大通り西11丁目店)』@北海道/札幌/西11丁目 【カレー】

札幌でスープカレーという食い物が流行っているらしいということはそれとなく聞いていた。
都内で食べられる店もいくらでもあろうが、
前日ホテルへと向かう途中で気になったこの店で朝メシとして食うことにした。
写真はその時に撮っておいたヤツ。
放火犯は現場に戻ると言うが、食いしん坊は気になった店に戻ってくるのだ。

c0023252_13153093.jpg


まあチェーン店ではあるんだけど、ホテルの朝飯を食うくらいであれば新たな発見を求めて、ね。

入ってみるとそもそもは普通のカレーを専門とする店で、
流行っているので「スープカレーも出している」という感じっぽい。
とりあえず『スープカレー 野菜』(630円)を注文。

c0023252_13195188.jpg

「スープ」カレーというだけあって、そのまま飲んでも何の違和感もないさらりとしたスープ。
辛くはないけどそれなりにスパイスが効いていて顔から汗が出てくる。
スープカレーというものを味わうことが出来たし、胃に重くないので朝メシにも丁度良い感じ。

ただ、どちらかと言うと僕は濃厚なカレーの方が好きなので、
カレーの色々な種類の中から敢えて食うこともあんまりないかも。
まあそれもチェーンじゃない専門店とかで食ってみないとわからないかな?

■お店のホームページ■
[カレーショップ]リトルスプーン
[PR]

by ksk_com | 2005-03-21 13:25 | 旅先での食事(国内)