カテゴリ:外食 【ラーメン】( 31 )


2005年 11月 13日

2005年10月 『メルシー』@東京/早稲田 【ラーメン】

そう言えばまだ今年ここのラーメンを食っていない。
年の暮れにはちょいと早いが、この店に来ずして1年が終わることなど有り得ん。

今までに何度この注文をしただろうか、「やさい濃い目半ライス」。
(『やさいソバ』(490円)の味濃い目と、メニューには書いていない半ライス(90円)。

c0023252_13195517.jpg

この店の特徴的なスープに魅せられてから何年が経とうか。
そのスープに加えて、炒めた野菜の旨味がスープに広がるこのやさいソバは大好物。
お店自家製のラー油をぶっかけ、半ライスを頬張りながら麺をすする時間の幸せさと言ったらもう。

旨い物を食うのも良いが、やっぱり飲み食いは心に楽しい刺激が無いと。
食うことそのものの楽しみしかり、食を巡るシチュエーションやら色々と。
食うまでが楽しく、食って楽しく、思い出しながら書いて楽しく。
色々と遡ってしまいその思い出す行為が止まらなくなる、自分の中では既に殿堂入りしている店。
[PR]

by ksk_com | 2005-11-13 13:30 | 外食 【ラーメン】
2005年 11月 01日

2005年10月 『本家第一旭 たかばし本店』@京都/京都駅 【ラーメン】

所用と言うか、ちょっとした野暮用で京都へ。

新幹線でビールを飲みつつも、京都に着いたのが朝9時過ぎだったのでまずはメシ。
この時間から開いている京都ならではのメシということで思いついたのがこちらの店。
以前来てから4年弱ぶりくらいの来店。

普通サイズでも全然食える腹だったが、店を予約してある昼メシを考えて『ミニラーメン』(500円)を。
ちなみに「ミニ」と言っても替玉が出来るお店の豚骨ラーメンくらいの量はある。

c0023252_1105567.jpg

前に食った時も思ったが、独特のどこか懐かしさを感じる味。
ちょっとクセはあるけど、自分的にはそこそこ好みです。
ハッキリ言ってスープに多少豚臭さが残っており、化学調味料もそれなりに使われている気もするが、
この店でそんなことを言っていてもしょうがない。
(「味は度外視」と言っているのではありません)

仕事で徹夜明けと見られるガテン系の客、
何故か朝からビールとつまみを注文してラーメンを待つ客、
車で子供を連れて休日の朝メシを食いに来る、いかにも地元って感じのする客、
観光客にとっても便利過ぎるくらいの場所ながら地元に密着した感じが実に良いではないか。
有名店であり、京都駅そばという立地ではあるが、
お店や客の醸し出す雰囲気とかそんなのを含めて、自分的にはもう少し広いくくりで楽しむお店かなぁと。

■お店のホームページ■
京都ラーメン 本家第一旭 たかばし本店
[PR]

by ksk_com | 2005-11-01 01:25 | 外食 【ラーメン】
2005年 10月 29日

2005年10月 『九段 斑鳩』@東京/九段下 【ラーメン】(3)

先日来た時に以前よりかなり混雑が緩和されていたので、間をあけずに再訪。
タイミングが良かったのか全く待たずに入店。

この日は特に上質の鰹を使ったという『特製塩本鰹らー麺』(1,000円)を。

c0023252_16534081.jpg

これは確かに鰹の風味が凄い。
エグみのない上質な鰹の風味は、確かにそれを売りにしてくるだけのことがあるなぁ、と感心。
が、ちょっと豚骨の出汁も強いスープなので、風味だけじゃなくて全体的にかなり濃厚な仕上がりのスープ。
これはこれで旨いんだけど、それぞれの濃厚さがゆえにちょっとバランスが悪いような印象も受けた。
普通のらー麺と違う細麺が使われてたけど、自分は特にこのメニュー向けに買える必要ない気も。
何だか微妙な感想も混ざってしまったが、かなり旨いラーメンであることに間違いは無い。
次来た時には普通の醤油味のを食おうかな。
[PR]

by ksk_com | 2005-10-29 17:01 | 外食 【ラーメン】
2005年 10月 11日

2005年9月 『九段 斑鳩』@東京/九段下 【ラーメン】(2)

この日はランチを食いに2月以来の訪問。
一時期と比べると行列もだいぶ短くなった感じ。

別にこれを狙って来たわけではないが、期間限定メニューの『特製勝男武士味噌らー麺』(1,000円)を。

c0023252_22464741.jpg

いやぁ、これは味噌自体も濃厚だが、上品な鰹風味がかなり刺激的。
本枯れ鰹という上質のを使っているようだけど、確かに今まで食った鰹風味のラーメンとは大きく違う。
味噌と鰹の濃さ、パワーにはちょっとした重さを感じてしまうほど。
ラーメンという料理の凄さを堪能出来たスープと言って良いかな。
ただ、平打ちだった麺はもうちょっと普通のタイプでも良かったような気も。

ラーメンブームも一段落して知名度だけが勝った店は随分減ってきたが、
この店はまさに知名度、評判に見合うだけのラーメンが食える店だと思う。
まあ好みの分かれる品ジャンルではあるんだけど、自分の中では結構な位置づけ。

ちなみに平日昼でも13時以降ならあまり並ぶことはなさそうな感じ。
遅い昼飯になった時はまた寄ることにしよう。
[PR]

by ksk_com | 2005-10-11 22:58 | 外食 【ラーメン】
2005年 09月 18日

2005年9月 『博多ラーメン ばりこて』@東京/東高円寺 【ラーメン】

ずっと前から気になっていはいたのだが特に食う機会も無いまま。
あんまり長い間宿題を抱え込むのは良くないということで遂に来訪。

注文は『玉子ラーメン』(700円)。あ、あと淡麗(250円)も。

c0023252_1712339.jpg

スープは豚骨の出汁がよく出ていて高いレベルで普通に旨い。
劇的に旨くはないけど、部類としては旨い方に区分出来る。
麺は「ばりかた」で注文を入れたんだけど細麺にありがちなパサパサ感も無く、
気持ちモッチリした歯応え、風味共に個人的に結構気に入った。
しっかりと味が付いた玉子、このラーメンにはこういう風に茹できった方が合うかもしれない。
ラーメンの玉子はここのところ半熟しか食っていないような気がするが、これはこれの旨さがある。

最後に『替玉半分』(60円)を追加して終了。
1玉追加だけではなくてこういう選択肢があるのは嬉しいな。
以前ほど豚骨ラーメンを好んで食うこともなくなってきたが、まあそれなりに満足。

■お店のホームページ■
博多らーめんばりこて
[PR]

by ksk_com | 2005-09-18 17:26 | 外食 【ラーメン】
2005年 09月 13日

2005年9月 『天下一品 高円寺店』@東京/高円寺 【ラーメン】(3)

前回食い損ねた、コッテリスープをベースにした味噌味の『味がさね』(800円だっけ?)を。
後ろにあるのは肉味噌・白胡麻・揚げネギ・にんにくの薬味たち。
こいつらを入れて自分好みの味に仕上げるというわけ。

c0023252_14555671.jpg

初めて食うときは「コッテリ以外は邪道だよな」なんて思っていたが、
食ってみるとコッテリスープがベースということもあって期待を裏切る旨さ。
そのまま何も加えない味噌味で食っても旨いが、薬味の投入で味の変化を楽しむのもまた良し。
麺もちょっと違っていて、この店で違う種類のラーメンを楽しめるのは何とも嬉しいものだ。

■お店のホームページ■
『天下一品』
[PR]

by ksk_com | 2005-09-13 00:50 | 外食 【ラーメン】
2005年 08月 06日

2005年7月 『萬福本舗』@東京/南阿佐ヶ谷 【ラーメン】(3)

ここでの書き込みは久々だが、それ以外にもたまに来ていたり。
アップしないのは注文がいつも同じというのが大きな理由。
この日もいつもと同様に『とりねぎ坦々』(800円)に『味付玉子』(100円)、『半ライス』(100円)。

c0023252_1339154.jpg

いつもと変わらず旨い。
一般に、辛い品だと往々にして旨味が弱いことが多いと思う。
辛さのインパクトを引き立てるためか、或いは旨味と重複することによるしつこさを恐れてか。
とんこつラーメンで勝負出来るだけのダシのとれたスープと辛さをミックスさせたこのラーメンは、
そんなに辛くないとは言っても「辛くありつつも力強い旨味も欲しい」という自分の欲求を満たしてくれる。
来る機会はメッキリ減ったが足が遠のいてしまうことはなさそう。
[PR]

by ksk_com | 2005-08-06 23:30 | 外食 【ラーメン】
2005年 08月 06日

2005年7月 『たけちゃんにぼしらーめん』@東京/代々木 【ラーメン】(5)

何回か来る中でずっと気になっていたメニュー、『カレーらーめん』(950円)と味付玉子(110円)を。

c0023252_12421978.jpg

煮干のダシの風味を残すためかカレーは薄目。
和風の味なのでカレー南蛮に近い感じなのだが、カレーの薄さ、うっすらと漂う煮干の香りはちょっと違う。
風味の強さを期待していたこともあってか、これは自分の好みとはちょっと違う。
ラーメンのスープとしてカレーと合わせるには動物系のスープの方が合うのかも。

■お店のホームページ■
たけちゃんにぼしらーめん
[PR]

by ksk_com | 2005-08-06 12:54 | 外食 【ラーメン】
2005年 07月 18日

2005年7月 『蒙古タンメン中本 新宿店』@東京/新宿 【ラーメン】

上板橋にある本店、池袋店は行ったことがあるがこちらの店は初訪問。
この日は本当は『東京麺通団』で晩飯を食おうと思ったのだが、
何故か開いているはずのないこの店の看板に明かりがついていたので寄ってみた。
4月から24時までの営業となったようで、この日最後の客として入店。
辛いことが売りの店なので遅い時間に食うメシでは無い気もちょっとしたが。

食券は『蒙古タンメン』(720円)と半ライス(100円)を。

c0023252_16431798.jpg

スープそのものは特に辛くは無いのだが、かけられたマーボーあんかけがなかなかの辛さ。
味噌風味のスープとうまく絡んで、力強い太麺と実によく合う。
激しく旨いとまではいかないけど、辛ウマの味を楽しめます。
が、激しく辛いのを期待してきたので「まだまだ・・・」なんて思って卓上の粉唐辛子をスプーン山盛り1杯追加。
基本的に辛いものは好きなので口は問題無いのだが体が反応してとんでもない量の汗が噴出。
それに食後に胃が燃え上がること、燃え上がること・・・。
やはり遅い時間に食うメシではないし、麺通団にしておけば良かったかなとちと後悔。

■お店のホームページ■
蒙古タンメン中本トップページ
[PR]

by ksk_com | 2005-07-18 08:24 | 外食 【ラーメン】
2005年 07月 02日

2005年6月 『たけちゃんにぼしらーめん』@東京/代々木 【ラーメン】(4)

これまで何度かこの店で食ってきた限りでの自分的結論は「この店は塩」というもの。
前回は醤油でやはり物足りなさを感じたので、この日は『塩らーめん』(750円)に定番の玉子を追加。(110円)

c0023252_14495616.jpg

旨い、確かに旨い。
が、前回に塩を食った時程のインパクトは無かった。
2回目ということも多少はあるのかも知れないが、スープの出来の違いの問題かと。
前回の方が出汁がよく出ていた。

それにしても代々木という場所柄もあってか、昼時でも並ばないのは実に良い。
予備校生にとっては日々来るにはちょっと高かろうし。
ランチ激戦区にあったら間違い無く行列店だろう。

■お店のホームページ■
たけちゃんにぼしらーめん
[PR]

by ksk_com | 2005-07-02 14:59 | 外食 【ラーメン】