<   2005年 06月 ( 24 )   > この月の画像一覧


2005年 06月 29日

2005年6月 『台湾料理 珍味亭』@東京/西荻窪 【台湾料理】

豚肉の煮込み料理のオンパレードがあると聞きつけ、
期待というよりは「こんな店がこんなところに!?」的な好奇心を携えての訪問。

駅からすぐの店の中のメニューには『豚足』『豚耳』『カシラ』『尻尾』『カシラ』『ハツ』『ガツ』など。
他にもビーフンとかもあったけど、肉は全て台湾風煮込みの模様。
こういうメニューは見て想像を膨らますだけで楽しめ、そして酒が飲める。

紹興酒を頼みつつ相当に時間をかけて悩んだが、まずはメニューの頭にある『豚足』(600円)。

c0023252_263895.jpg

旨そうな色の付いた豚足がにんにく醤油と共に登場。
食ってみると思いのほか「台湾っぽさ」を感じさせるような風味はない。
良く言えば多くの日本人にとっては食べ易い味という感じか?
個人的には八角とかがもっときいていた方が好み。
肉類は煮込まれた後いくつかの大皿に盛られていて、常温で保存されていたのが出てきたが、
ゼラチン系は食べる直前に再加熱したものの方が好きだな。

ちょっと気に入らなかったのは、骨周りの肉にまだコッテリとした感じが残っていたこと。
じっくりと煮込んで箸でゼラチン質が外れるくらいのが好きなので、
この煮込みの浅さは自分の好みの範疇からは外れてしまう。
豚足以外であればきっとそれほど気になることも無いのかもしれないけど。

続いては一緒に注文した『バラ』(350円)。

c0023252_2123467.jpg

これはそれ程特徴的なチャーシューとは感じなかった。
この店に来て敢えて注文する品ではないかも。
(これはこれで悪くないが他にもっと面白そうなのがある、ということ。)

この日注文したのは個人的にはあまり当たりではなかったけど、それでも他の品は気になり続けていた。
さらに追加で注文しようかと悩んだけど結局断念。
味付けが同じだと途中から飽きてしまい、悪い印象だけが残ってしまうような気がして。
この日は他の品への楽しみを次回へと残しつつ、このまま帰路につくことにした。
[PR]

by ksk_com | 2005-06-29 02:28 | 外食 【中国料理】
2005年 06月 28日

2005年6月 『赤丸ヂンギス』@東京/四谷三丁目 【羊料理】

以前から行こう行こうと思っていた店。
珍しく友人と待ち合わせ、会社帰りの平日夜10時に開宴。
遅い時間に男2人でガッツリと肉ってのもなんだかイイもんである。
最近のジンギスカンブームもあってか、結構な繁盛っぷり。

まずは『仔羊の生ハム』(1,000円)とネパール風のサラダという『カチュンバ』(550円)を。

c0023252_15352633.jpgc0023252_15422570.jpg

生ハムの方は特に羊らしさとかは無い。
不味くは無いけど、美味しくも無い。
1,000円という値付けもちょっと高い。
サラダの方はなかなか旨かった。

続いてはいよいよメインの肉。
網焼きで『生ラムのねぎ塩焼き』(1,100円)と『生ラムテンダーロインの網焼き(ひれ)』(1,000円)を。

c0023252_15581552.jpgc0023252_15583878.jpg

ねぎ塩焼きの方は脂身の無い肉だったこともあって、あんまり羊っぽさが無い。
旨いと思わなかったし、この量で1,100円は高い。
ひれ肉の方も脂身が無いのでちょっと物足りなさはあるけど、
厚みがある分肉としてそれなりに美味しかったと思う。
が、それとて引きの強さ有る肉では無いし、感想としては難しいところだ。
ちなみに写真は無いが、野菜単品で注文したアスパラ(300円)は結構旨かった。
アスパラってこんな旨かったっけな?と思ってしまったくらい。

そしていよいよメインのジンギスカンに。
『生ラム肩ロースのジンギスカンセット』(1,100円)と『akamaru特選ロース』(1,000円)を。

c0023252_1673422.jpg

手前2つがジンギスカンセットで、奥が特選ロース。
脂身タップリの特選ロースは確かにかなり旨い。
もうちょっと厚みがあって、そして安ければ言うこと無いんだけど。
普通のセットは肩ロースなのだがこれもこれでなかなかの肉質で、何より厚さがあるのが良い。
「ジンギスカン食ってるぞ!」という気分になれる。
基本はセットを注文&お替りで、特選ロースもちょっと試して・・・とかが良いかも。(値段的にも)

c0023252_16221315.jpg

その後も肉や野菜ををお替りしたり、『卵おじや』(580円)や『自家製ピクルス』(380円)を。
おじやはなかなか旨かったなぁ。
そうそう、限定メニューらしいスペアリブも食ったがこいつもなかなか。
骨まわりの旨い肉も食えるし、骨のまわりについている薄い膜をペリペリと剥がして食うとこれがまた旨いのだ。

平日の遅い時間にも関わらず結構がっつりと飲んでしまったので値段もそれなりに行ってしまったが、
これなら人気になるのもわかる気がした。

それにしてもこの荒木町界隈は何とも言えないノスタルジックな雰囲気が漂っていて良いなぁ。
まわりにあった他の渋い店も機会を作って行ってみたいものだ。

■お店のホームページ■
仔羊料理 赤丸ヂンギス 厳選生ラム肉のジンギスカン・網焼き
[PR]

by ksk_com | 2005-06-28 00:40 | 外食 【羊】
2005年 06月 26日

2005年6月 『胡同101 荻窪店』@東京/荻窪 【中国料理】

何となく担々麺が食いたくなってこちらの店へ。
予定通り『担担麺』(924円)を注文することにしたが、メニューで気になるものが。
『生煎包 焼き小籠包』(577円)と。
上海で食ったアレが食えるのか、とこいつも注文することに。

まずは『担担麺』の登場。

c0023252_14271469.jpg

以前食った時は小さいお椀のような丼に入っていたような気もするが、サイズは大きくなっていた。
ちょっと酸味が勝った感じの味だったが、お店の自家製ラー油を入れると
辛味とその中にある甘味がスープに良い感じに溶け込んでなかなかの味に。

続いて『生煎包』。

c0023252_1444351.jpgc0023252_14445568.jpg

上海で食ったのは小籠包とはちょっと違う感じだったが、こちらのは見た目は普通の小籠包と同じ。
味も「焼いたらこういう感じになるかなぁ」というもので、上海で食った時のような新鮮さは無かった。
これはこれでまあ美味しく食うことも出来るが、料理としては現地の物とは別物と言って良かろう。
[PR]

by ksk_com | 2005-06-26 15:00 | 外食 【中国料理】
2005年 06月 26日

2005年6月 『霞舫飯店』@東京/新宿 【台湾料理】

こちらでの夕暮れの宴を終えた後、夜の宴へと突入。
新宿駅から近い立地を考えるとかなりリーズナブルで、しかもなかなかの台湾料理が食える店。
今回で3回目くらいか?
今度は3人で開始、途中で1人追加で4人に。

『水餃子』(399円)、『シジミの醤油漬』(525円)あたりを前菜にして3度目の幕が開く。

c0023252_18493426.jpgc0023252_1850013.jpg

シジミの漬物はここでしか食ったことが無いんだけど、独特の風味がして面白い。
この店特有の味付けなんだか、はたまたこの料理は全部こういう味付けなんだか。

それ以外で食った物の中から2つだけピックアップ。
『豚足の柔らか煮』(525円)と『しらすとピーナッツの炒め』(525円)。

c0023252_18564646.jpgc0023252_18572041.jpg

豚足はここで食うのは初めてだったかな?
ちょっと身の部分が少ないような気もしたけど、味はなかなか。
焦げ目みたいのがあったのが面白かった。
焼いたりしているのだろうか?
「焼き豚足」も結構好物だったりするので気になった。

しらすとピーナッツの方はは台湾料理店に行けば大体置いてあるような気がするが、
それぞれの食材自体にあまり魅力を感じないこともあって今までは食ったこと無し。
いやぁ、でも何でこの2つの組み合わせで料理を作ってこんなに旨いのだろうか。
そんな劇的に旨いって程でも無いけど、
こういう組み合わせを考えてこの味に仕上げるのは素晴らしいことだと思う。
恐ろしや台湾料理。

他は以下のような感じ。
『ピータン豆腐』(478円)  まあ普通?あんまり覚えてない。
『黒豚福耳』(420円)  味付けは旨いと思ったがちょっと表面に水が浮いているような感じがちょっと。解凍?
『手羽の薬膳煮』(478円)  昼から飲み続けでここでも紹興酒をグイグイ。記憶が・・
台湾風春巻とか??  上記と同様

それにしても書いてみると改めて安いと思う。
新宿駅から歩いて5分程度なので、
変なダイニングバーとか創作料理居酒屋とか行くんだったら断然でこっちが良いな。

c0023252_1913658.jpgc0023252_19132981.jpg
c0023252_19164464.jpgc0023252_1917840.jpg

[PR]

by ksk_com | 2005-06-26 13:21 | 外食 【中国料理】
2005年 06月 26日

2005年6月 『山根商店』@東京/新宿三丁目 【ホルモン】(2)

昼下がりの宴からちょっと時間を置いて夕暮れの宴の開始。
開始後、2人から3人へと人数も増え更に盛り上がりも増す。
そうそう、そう言えばこちらの店も前回来た時に刺身が食えなかったリベンジ訪問なわけだ。

まずは待望の『牛レバ刺し』(530円)から。

c0023252_1725749.jpg

やはり甘味があって、そこいらで食うレバ刺しとは一線を隔す。
旨い。
が、この日たまたまだったのかわからないけど、以前食った時の印象にはちょっと及ばないかも。
でもこの値段でこの旨さのレバ刺しをこれだけ食えりゃ言うこと無いけどね。

そして他には『牛もつ煮込み』『センマイ刺し』『子袋刺し』や串を結構たくさん。
いやぁ、やはりここの煮込みは絶品!
それに子袋も鮮度が良いのでその歯応えとともに旨味を満喫することが出来る。

会計は3人で5,800円。
日が長くなってまだ明るい時間に、繁華街外れの立ち飲み屋で飲むのは実に気持ち良い。
立ち飲みとは言えスローフードっぽいというか、のんびりと流れる時間だけでも酔える。

c0023252_1718285.jpgc0023252_17184112.jpg
c0023252_17192398.jpgc0023252_17204146.jpg

[PR]

by ksk_com | 2005-06-26 01:12 | 外食 【ホルモン・焼きとん】
2005年 06月 25日

2005年6月 『朝起』@東京/新宿 【スタミナ料理】(2)

前回来た際に食うことの出来なかったモノを目指してのリベンジ訪問。
食い物のリベンジにはかなり執念深いぞ。
来る時間が遅かった前回の反省をもとにこの日やって来たのはまだ太陽の高い昼下がり。
前回来たメンバーの1人を連れ、またその扉をくぐった。

入店直後いきなり目に飛び込んで来たのは、
網に入れられ天井からぶら下げられた生きたスッポン。
夜の予約客用にとのこと。
オブジェのように普通にぶら下がっていたのでたまげてしまった。。

まあ何はともあれ宴の始まりだ。
この日はお通しからして変わり物2品。
まずはカメの手。

c0023252_142549.jpg

これは初めて食った。
見た目は何とも怪しいが、外の皮みたいなのを剥いで食うと味はなかなか。

続いてはサンショウウオの煮付け。

c0023252_1441667.jpg

これもまあ当然初めてだ。
口の中に入れると手足の突起が確かに伝わってくる。
味は特にクセとかもなくこれも普通に美味しい。

そして続いてはいよいよ前回食うことの出来なかったあの品を。
取り出されたそれはまだ生きており、カウンターの向こう側のまな板へと乗せられた。
ドン!ドン!とまな板の上で包丁を振るう音が聞こえてきた後出てきたのはこちら。

c0023252_14454129.jpg

なんと心臓とのこと。
牛や鶏のハツ刺しを食ったことはあるが、こいつの心臓を刺身で食える店はそうあるまい。
「動いているうちに飲み込んで」との店員さんの指示に従いゴクン。
うーん、飲み込んでしまうと味はわからんな。

そしていよいよこの日のメインディッシュの登場。

c0023252_145533.jpg

これだとちょっとわかりにくいかもしれないので、顔写真をアップで。

c0023252_1581883.jpg

そう、目当ての品はカエルの姿造りであった。
カエルを刺身で食ったことが無いことによる好奇心、(東京では恐らく)ここでしか食えない希少性、
見た目のインパクトが強いイベント性が自分を駆り立てた。
手を合わせ深々と頭を下げてから、にんにく醤油につけて肉を頂いた。
火を通したものはよく鶏肉に例えられるが、これも鶏のささみ刺しに近い感じ。
クセは無いが旨味もあまり無い淡白な味。

それにしても捌いている最中から店員さんが「こいつ元気だな~」なんて感心していたが、
確かにこのカエルの元気なこと。
途中まで静かにしていたのだが、突然クワックワッと手を伸ばして水をかくように動かしだした。
そして元気のあまり皿から転げ落ちたり。
箸で戻すには大きく重くて難しいのだが、手で元に戻すのにはちょっとためらいも感じたり。
平然と口にしながら、触るのに怯むこの不思議さよ。
結局3度くらい皿から這い出したが、ずっと放っておいたらどこまで行ったことやら。
本当に皿が目の前にある間は目を離す隙が無かったな。
頭と足を残して有り難く、有り難く頂きました。

それにしても普段から意識してはいるつもりだが、
姿造りというヤツは命を貰っているということをハッキリと再認識させてくれる。
忘れまじ、どんな肉をどのような形で食う時も。

まだまだ昼下がりの宴は続く。
続いては豚のオッパイ焼き。

c0023252_15451949.jpg

以前別の店で食ったことがあるが、歯応えも自分好みでこれがまた旨いんだ。
冷めてくるとちょっと臭味が出てくるのでとにかくこいつは熱いうちに食うべし。

そしてお次は先ほど残して返したカエルの頭と足を使ったスープ。

c0023252_1549187.jpg

ブツ切りにされてはきたものの、頭は原型が丸々。

c0023252_1550314.jpg

スープ自体の味付けもあるのかも知れないが、これは実に滋味深いスープだ。
美味。
それに足を食べて思ったが、火を通した方が旨味が出てくる肉のような気がする。
今度は姿造りじゃなくて丸焼きをいってみようかという気になったものだ。
顔の肉にしゃぶりつき、骨のまわりに残った皮をペリペリと剥がして無駄なく食い尽くした。
カエルよ、本当にご馳走様。

スープも飲んだのでここで締めても良いと思ったが、折角来たのでもう1品。
食える物としてあまり認知されていなさそうな品、フジツボ。
焼いて出してくれた。

c0023252_15593191.jpg

殻の中に三角形のような柔らかいところがあり、そいつを取り出して食うとのこと。
これがなんと予想以上に旨い。
お店の人はカニに例えていたが、確かにカニに近いような肉質と風味。
そして普通のカニ肉というよりはカニ味噌に近いような濃厚さもある。
これは見た目も味も食べ手を選ばない逸品の印象。
海に遊びに行ったら思わずフジツボ狩りを!・・・なんてするわけは無いが。

写真は無いが、この後お隣に座っていたご婦人から殻を開いたばかりのウニを一口頂いた。
さすがにみょうばんの味がしない新鮮なウニは旨かった!

こうして昼の宴は幕を閉じた。
ビールを3本か4本飲んで2人で5,600円。
店内に価格表示は無いので、気になる人は店員さんに聞くのが良いかと。
カエルは1日に2~3匹くらいの入荷とのことなので、
食いたい場合は昼に行くか、カエルの予約をしておく必要がありそう。
お店の人によると、以前独りで来て姿造りと丸焼きの2匹を食って帰った人がいたそうな。

生きたスッポンがぶら下がる店の中、
狭いカウンターで身を縮めながら下ネタやオヤジギャグ飛び交うこの空間で
昼下がりから飲み食いするこの贅沢な時間の素晴らしさよ。
(そしてここは若い店員さんがとても面白いのだ)
再開発話なんか吹っ飛んでしまえ!
[PR]

by ksk_com | 2005-06-25 16:38 | 外食 【和食・居酒屋系】
2005年 06月 19日

2005年6月 鴨の塩焼き、ラムチョップの塩焼き

久々に登場の料理カテゴリ。
「料理」と呼べるような技術を要さないが、料理には違わないということでね。

この日は家で肉でも焼いてワインを飲もうかな、と。
新高円寺のクイーンズ伊勢丹で肉を購入。

ニュージーランド産のラムチャップ(173g、792円が半額に!)と岩手かものもも肉(96g、432円)。
鴨はロース肉もあったけど、ももの歯応えが欲しくて。

c0023252_16512351.jpg


料理と言っても、強火で焼いて塩をふるだけ。
まずは鴨。

c0023252_16554618.jpg

写真を撮る前にアツアツの肉を頬張ったが旨い!!
シンプルに肉を焼き、シンプルに塩だけで味付けをした肉がこんなに旨いとは!
こりゃもう酒が止まらなくなる。

そして羊。
一気に両方焼くと最後の方に食う肉が冷めてしまいそうなので、鴨を食い終わった後に焼きました。

c0023252_16573873.jpg

この羊もまた旨い!
が、強火で一気に仕上げようとした分中がちょっと生焼け。
最初に強火でさっと旨味を閉じ込めて、その後は蒸し焼きみたいな感じで火を通す方が良いかも。
料理のことはよくわからないが、肉を焼くことにはこれから拘ってみても面白いかもしれない。
昔はバイトで肉を焼く仕事なんかもしてたしな。

この日は半額品があったこともあるが、2品で800円少々。
いやぁ、こういう食事もはまりそう!

■仕入先のホームページ■
クイーンズ伊勢丹 新高円寺店
[PR]

by ksk_com | 2005-06-19 17:09 | 料理したモノ
2005年 06月 19日

2005年6月 『Barba d'Agnello バルバ・ダニェッロ 羊のひげ』@東京/新高円寺 【イタリア料理】(6)

この日は満席でバタバタしていたこともあったが、
サービスの店員さんが替わったこともあってちょっとオペレーションがなぁ。。
まあ慣れれば変わってくるとは思うけど。
今回はそれ程腹が減っていたわけでも無かったので前菜を2品。

まずは『ブラウンマッシュルームとハムのキッシュ』(630円)。

c0023252_16251015.jpg

ブラウンマッシュルームって初めて食ったが、これが何とも旨い!
そこいらの水っぽく味のしないマッシュルームと違って、濃厚な旨味がある。
もともとマッシュルームはあんまり好きではなかっただけにこれは意外な驚き。

そしてメイン代わりに前菜の『仔羊肩肉とナスのグリル』(950円)。

c0023252_1634034.jpg

これはこれで旨かったが、メニュー上は前菜ということもあってちょっとパワー不足かな。
でもこういう風によく火を通したナスとの組み合わせは結構相性良いかも。
[PR]

by ksk_com | 2005-06-19 16:51 | 外食 【イタリア料理】
2005年 06月 19日

2005年6月 『Pizzeria da Giovanni』@東京/荻窪 【イタリア料理(Pizza)】(5)

間をあけずしてまたもや休日の昼飯で。
この日はリッチに『カプリチョーザ』(1,900円・外税)と、
前回と同様に『Vin Pizza Bianco』の白をグラスで(380円・外税)。

c0023252_1594751.jpg

メニューに書いてあった材料は、トマトソース、バジリコ、ニンニク、オレガノ、アンチョビ、ケッパー、
オリーブ、アーティチョーク、マッシュルーム、ハム、モッツァレラ、パルミジャーノ。
味はまあいつも通りに旨い。
ニンニクが効いているのも実に嬉しい。

ところで、オレガノとは? アーティチョークとは?
一般的な食材なのかも知れないけど、自分は初めて見る食材なので調べてみた。
アーティチョークは体にも良いようである。

それはそうと、何度もこの店に来るうちにごく当たり前(?)のことに気付いた。
実は昔から「ピザの主役はチーズと具材」と思い込んできたのだが、
食うごとに自分の記憶に刷り込まれていくのはピザ生地の印象。
そう、ピザはピザ生地こそが主役なのではあるまいか?
ここの店のがべらぼうに旨いかと言うとそこまででは無い気もするが、
ある程度の店でピザ生地を意識して食ったことがほとんど無い。
(今までは大体宴会料理、居酒屋メニュー、出前程度)
他の店での粉の味は、食感は、味付けはどんなものであろうか。
とても気になる。
[PR]

by ksk_com | 2005-06-19 15:26 | 外食 【イタリア料理】
2005年 06月 19日

2005年6月 『テリーヌ ガチョウ プロバンス風』 【フランス料理】

こちらでの買い物と一緒に購入。
ただ、同じ伊勢丹のB1Fの食品フロアなのだが違うお店。
エディアールという店で、ワインやらヨーロッパからの瓶詰めやら色々と置いてある店。

c0023252_1455025.jpg
c0023252_14553097.jpg

正式には『Goose Terrine Provencal Style』で、価格はちょっと高めの1,260円。
これはいのししの方とは違ってちょっとしたクセのある味。
クセと言っても食べ手を選ぶようなものではなく、コンビーフのような血の香りと(?)いうか。
これもこれで旨く、用途もいのししの方と同じように使える。
が、個人的な好みとしてはいのししの方かな?
2つも買ってきてしまったので家での酒の消費量が大分増えてしまった。
[PR]

by ksk_com | 2005-06-19 15:02 | 買ってきたモノ