<   2006年 05月 ( 1 )   > この月の画像一覧


2006年 05月 08日

沖縄での飲み食い その壱  (2005年11月)

現地に到着するなり減った腹を満たしに来たのはこちら『ひかり食堂』というお店。
いや、満たしに来たのは空腹感と言うよりも自分の好奇心と言った方が適切か。
那覇の中心地からバスに乗って少々。

c0023252_22415625.jpg

「てびち専門店」とあるように我が大好物の1つである豚足料理のお店である。
沖縄に着いての最初の食事にこういう店を選ぶ自分に萌え。
単品料理をいくつか頼むようなお店ではなく基本的には定食類がメインのお店なので、
1人で色々と味わうにはちょいとハードルが高い。

c0023252_22483177.jpg

とは言えこういうメニューから何食おうか考える時間自体がまた実に幸せ。

結局注文することにしたのは『てびち汁(小)』(735円)。
以前食ったことのある煮付は脂が抜けきっていなくてあんまり好みではなかったのでこちらを優先。

c0023252_22524469.jpg

おお、これだよ、これ!!
この旨そうなルックスに思わずウットリ。
そんな魅惑的なてびちはアップでも載せておこう。

c0023252_22543611.jpg

見てそう思われる方もいると思うが、「小」サイズを頼んだにもかかわらず結構なボリューム。
骨太な豚足が丼に盛られ、ご飯もしっかりと。

食ってみるとこれが旨いのなんの!!
豚足って下処理をしっかりして時間をかけて火を通さないと脂が抜けきらなかったり、
豚の臭みが残ってしまうものだが、これは十分に処理がされ臭みも全くと言って良いほど無し。
優しい味の汁も旨いし、このてびちも本当に旨い。
今まで何回か食ったてびち汁もそれぞれ好きだが、これは今まで食った中で1番好きかも。
来ていきなり味わう至福のひととき。

さて。

こう旨いと気になり始めるもう1つの主要メニューの『てびち煮付』。
いや、気になった時点で、或いは店に来た時点で既にこうなる運命だったか・・・。
ちょっと遅い昼飯だったので夜の食事に向けて胃の具合が気になりもしたが、
心の中では既にブレーキではなくアクセルを目一杯踏み込んでいて。

「てびち煮付の小(735円)をお願いします。」
店のお婆ちゃんが嬉しそうにニッコリと笑って注文をとってくれた。
こんな旨い物食わせてくれる上にそうやって喜んでもらえるとは何という幸せ。
お婆ちゃん、ありがとう。。

c0023252_2384083.jpg

おお、これもまたナイスなルックス。
そして汁の方と同様に臭みも全く無く、濃すぎない味がしみこんだてびちの旨さと言ったら。
こりゃ本当にたまらんわ。
茹でて冷やしたヤツしか知らずに豚足を敬遠する人々が本当に可哀想にすら思ってしまうような旨さ。
豚足はじっくり煮込んだものを温かい状態で食ってこそ旨いと個人的には思うのだが。
旨いが故に「こんなのが食いたい時に食えたら・・」と旅先での食事であることにちょっと恨めしさも感じたり。
とにかくそう思ってしまうほど旨かったってことだ。

「ご馳走さま、美味しかった!」と言い店を出る時にまたもやニッコリと微笑む店の婆ちゃん。
嬉しそうにしてくれてたけど、この時は自分の方が嬉しかったってことに自信有り。
最初の昼飯から当初の予定以上にガッツリと食い込んでしまったが、「また絶対に来よう」そう心に誓った。
[PR]

by ksk_com | 2006-05-08 00:10 | 旅先での食事(国内)