2005年 10月 29日

2005年10月 『九段 斑鳩』@東京/九段下 【ラーメン】(3)

先日来た時に以前よりかなり混雑が緩和されていたので、間をあけずに再訪。
タイミングが良かったのか全く待たずに入店。

この日は特に上質の鰹を使ったという『特製塩本鰹らー麺』(1,000円)を。

c0023252_16534081.jpg

これは確かに鰹の風味が凄い。
エグみのない上質な鰹の風味は、確かにそれを売りにしてくるだけのことがあるなぁ、と感心。
が、ちょっと豚骨の出汁も強いスープなので、風味だけじゃなくて全体的にかなり濃厚な仕上がりのスープ。
これはこれで旨いんだけど、それぞれの濃厚さがゆえにちょっとバランスが悪いような印象も受けた。
普通のらー麺と違う細麺が使われてたけど、自分は特にこのメニュー向けに買える必要ない気も。
何だか微妙な感想も混ざってしまったが、かなり旨いラーメンであることに間違いは無い。
次来た時には普通の醤油味のを食おうかな。
[PR]

# by ksk_com | 2005-10-29 17:01 | 外食 【ラーメン】
2005年 10月 29日

2005年10月 『馬來風光美食』@東京/荻窪 【マレーシア料理】(4)

この店も立地の便利さがゆえに逆に足が遠のいてしまっていた店の1つ。
特に避けているわけでもないのだが、そう言えば中国、韓国を除くアジア料理も結構久々。
この日は友人と2人で来訪。

まずは自分が先に入店し友人を待つことに。
ただ待っていてもしょうがないので、ビールとすぐ出てくる前菜の『アジャッ』(350円)を。

c0023252_1552339.jpg

生野菜を酢と香辛料に漬け込んだこの品、ビールとよく合うので最初の前菜としては実に良いなぁ。
自動的に出されて金を取られるお通しのシステムは嫌いだが、
こうやって自分で食いたいと思ったのをビールのつまみとしてこの値段で食えるのは嬉しいもんです。

友人が来たところでビールを追加しつつ海老とアスパラ炒めを注文。(700円くらいだっけ?)

c0023252_16182362.jpg

海老はあんまり美味しくなかったが、意外とさっぱりした味付けがアスパラの甘味を引き立てて旨い。
ビールも良いが、白い飯を食いたくなるようなそんな旨味が有る。

そしてこのわたりでワインへと切り替え。
このお店、メニューにあるアルコールはビールだけなんだけど、
ワインもお店の人に言えば近くの酒屋から取り寄せてくれるのだ。
料理は同じく海老も入った、サトー豆と日本名の無いマレーシアの豆の炒め物。(800円)

c0023252_16235762.jpg

これはさっきの品と見た目はあんまり変わらないけど、エビのペーストが入ってコクのある味に。
このサトー豆もちょっとした臭みがあってこれがまた実に旨い。
もう1つの豆も旨かったのだが、マレーシア名は聞きはしたものの忘れてしまった。
素材の旨味が強いこの料理はお気に入りの一品。

そしてワインをもう1本追加して、最後の品はナシゴレン。(800円か900円くらい)

c0023252_16373682.jpg

食べなれた品で目新しさはないけど、
インディカ米が使われたこの品、程良い味付けの安心出来る旨さ。
品数は少ないけど、店員さんが盛りをよくしてくれたこともあってこの日はこれで満腹。。

そうそう、お店の人と話したら一部の食材の仕入先は自分も行ったことのある某アジア食材店とのこと。
近いうちにいってみて色々と調達してみようかな。

■お店のホームページ■
馬来風光美食 まらいふうこうびしょく Malay Fuukoo Bishoku
[PR]

# by ksk_com | 2005-10-29 16:43 | 外食 【エスニック料理】
2005年 10月 29日

2005年10月 信州そば豆腐 by 泉食品

こちらで書いた豆腐に触発されて、近所でちょっと変わりものの豆腐を購入。
「そば豆腐、どんな味がするんだろう」と気になって。
値段は確か200円くらい。

c0023252_15121498.jpgc0023252_15123864.jpg

食ってみると期待を良い意味でも悪い意味でも裏切らずそば風味が漂う豆腐。
口にして味を確かめようとして、思った通りにそば風味が感じられた瞬間が何とも面白かった。
まあ特別に旨いとまではいかないけど、また買っても良いとは思った。
しかしこの値段で販売されてこれくらいのそば風味で楽しめるなら、
蕎麦粉の名産地とかで良い蕎麦粉を使って作ったら結構旨そうな気がしてしまった。

■製造元のホームページ■
豆腐の泉食品
[PR]

# by ksk_com | 2005-10-29 15:18 | 買ってきたモノ
2005年 10月 29日

2005年10月 『東京麺通団』@東京/新宿 【讃岐うどん】(2)

うどんを食いに来るのもありだが、居酒屋スタイルで使える営業形態が嬉しい店。
が、この日は牛ホルモンを素揚げした油かすを使った『かすうどん』(値段失念。が、500円未満)を食いに来店。
飲みメインじゃないってこともあって大サイズのうどん、半熟玉子の天ぷら、じゃこのかき揚げと焼酎1杯だけロックで。

c0023252_1453463.jpg

うーん、揚げられたホルモンの旨味がつゆに染み出し、噛めば噛むほど広がる旨味を想像していたが、
そもそもの油かすが甘い昆布の中にわずかに和えられている程度で想像していた旨味にたどり着けず。
「違いはするものの、良い意味での裏切りであった」などということもなく、これは単に期待外れ。
まあうどんとしては普通に美味しかったけど、油かすを使ったうどんとしてね。

■お店のホームページ■
麺通団公式ウェブサイト
[PR]

# by ksk_com | 2005-10-29 15:00 | 外食 【うどん】
2005年 10月 29日

2005年10月 『Barba d'Agnello バルバ・ダニェッロ 羊のひげ』@東京/新高円寺 【イタリア料理】(7)

前回来たのが6月だから、来ている回数を考えれば結構久々。
いつでも来られる店というのは意外と足が遠のいてしまったりするのはよくあること。

何を食っても外れがないので、普段は食ったこと無いメニューに走りがちだが、
この日は久々ということもあってトリッパ(840円)と白ワインでスタート。
他の店でそんなに食ったことも無いのだが、やはりここのトリッパは旨い。
色々な店のトリッパを味わって比べてみるのも面白そうだけど、
折角他の店に行ったならその店のオリジナリティのつまった前菜を食ってしまいそうかなぁ。。

ワインを赤に切り替えて、メインは豚の肩ロースのロースト。(1470円くらいだったか?)
じっくりと焼き上げて最後にソースがかけられるまでをカウンターで楽しみに眺めます。
付け合せのアスパラも含め、力強い肉はワインと実によく合う。
まあ旨さの一方で味付けに慣れてしまい、食べる前から味の想像がついてしまうのはちょっと悩ましい。
それぞれの店の料理を好奇心を持って楽しく味わうにはやはりある程度の間隔が有った方が良いかも。
それとなるべく違う系統のメニューを頼むとかね。

c0023252_14284323.jpgc0023252_1429714.jpg

[PR]

# by ksk_com | 2005-10-29 14:45 | 外食 【イタリア料理】
2005年 10月 21日

2005年10月 鴨骨付きモモ肉のコンフィ by グルメミートワールド(2)

長らく冷凍庫に眠っていたが、解凍していざ夜のメインディッシュ向けに。
これは0.22kgで682円。(kg単価は3,100円)
前回は肉だけで普通に焼いたけど、今度は他の食材と一緒にジックリと火を通すことに。

c0023252_15668.jpg

お供の食材は、じゃがいも、かぼちゃ、長ネギ、椎茸、エリンギ。
結構脂が出てくるので、その脂を吸い込んだそれらが実に旨そうに。。
体には良くないだろうけど。

c0023252_18878.jpg

やはりこの肉はなかなか旨い。
鴨のコンフィを外のお店で食ったこともあんまり無いので何ともいえない部分もあるが、
自分のつたない経験からすれば調理済みの製品であることを感じないくらい。
肉の身もそうだが、やはり自分が1番好きなのは皮の部分。
今回は皮が小さかったのは残念だけど、この皮だけで結構な量の酒が飲める。

他の食材、じゃがいもはもうちょっと薄くカットした方が良かった気がするのと、
カボチャはこういう食い方をするメリットはあまり感じなかった。
長ネギときのこ2種は実に旨く食えた。
自分で作るにはかなり手がかかる料理なので実にお買い得な一品だと思うし、
肉をほぐして料理に使ったりとか色々な使い方で楽しめそうな気がする。
いや、想像する時間が既に楽しい。

■仕入先のホームページ■
株式会社グルメミートワールド
[PR]

# by ksk_com | 2005-10-21 01:15 | 通販
2005年 10月 21日

2005年10月 『高円寺 田ぶし』 by ミニストップ 【ラーメン】

高円寺のラーメン店のカップ麺版をミニストップで限定販売。(製造は横山製麺工場)
価格は298円と高めだが、最近行ってないもののこの店のラーメンは結構好きなので期待を持って。

c0023252_0474232.jpgc0023252_048485.jpg

この店のラーメンのスープは結構独特で、
豚骨でとったスープに鰹節を揚げて出た油をスープの上にかけるというもの。
これが何とも自分の好みに合うのだが、このカップ麺版のスープは結構再現度が高い。
鰹で作った油のクセになるような独特な風味の再現度は食う前の想像をはるかに上回った。
これは今まで食ったカップ麺の中でもかなり満足度が高い部類。
ほぼ同じ頃に食った『有明』のカップ麺版が全くイケてなかっただけになおさらそう思うのかも。
それにしても豚と鰹というのはところどころで相性の良さを感じさせる料理に出会うので、実に良いコンビの印象。
[PR]

# by ksk_com | 2005-10-21 00:58 | 買ってきたモノ【B級編】
2005年 10月 18日

2005年10月 『Espana Bar CadiZ』@東京/銀座 【スペイン料理】

しばらく前に銀座に立ち飲みのバルのような店が出来たと聞いてふと一人フラリと。
地下の店内に入るとスペイン料理店というよりは確かに飲み屋みたいな感じ。

まずはぐるなびのクーポンでビールを飲みつつお通しが。

c0023252_2303798.jpg


お目当ての1つだった『豚耳の鉄板焼き』はこの日は品切れ。
お店の黒板を見てどんなものか興味が湧いた『タコのガリシア風』(714円)と
メニュー名が自分にとってかなり魅力的だった『ひよこ豆と豚足の煮込み』(714円)を。

c0023252_2381587.jpgc0023252_238436.jpg

タコのはマリネにカイエンペッパーとパプリカのようなものがかけられた品。
検索をかけるとレシピが色々と出てくる品なのでスペインではメジャーな品なのかな?
結構良い組み合わせで、腹に重くもないし、軽くつまむには重宝しそうな料理。

豚足の方は、・・・うーん、ちょっと煮込みが足りておらず豚足にも臭みが残ってしまっている。
自分が好きな食材がイマイチな店はそれだけで相性の悪さを感じてしまうことも大きいけど、
下処理や調理にある程度の手間がかかる食材だと思うので、他の料理への期待はちょっとトーンダウン。
ちゃんと手をかけて作れば凄く旨そうなメニューだっただけにこれは残念。

他にワインとシェリー酒を1杯ずつ飲んで2,700円程度。
まあ食えなかった豚耳と食った豚足は残念だったが、立地条件を考えるとリーズナブルな気もするし、
軽いつまみも多くて使い勝手は良さそうだし、シェリー酒が1杯500円前後で飲めるのも良いと思う。
この界隈で飲むこともあまり無いけど、2軒目3軒目であればまた来ても良いかな。
[PR]

# by ksk_com | 2005-10-18 02:52 | 外食 【その他欧州料理】
2005年 10月 18日

2005年10月 ズルチェ by 新宿伊勢丹B1F(店名失念)

こちらの品はこの店で一緒に購入。
『ズルチェ』(399円)という品で、
「豚皮から煮出したゼラチンで豚肉、熟成させた鶏肉、ピクルス等を固めた逸品」との説明が。
ゼラチン好きにとってはかなり惹かれる説明書きではありませんか。

c0023252_2153148.jpg

そのまま食ってみたが、旨そうな感じを受けながらもどうも味がハッキリしない。
塩をちょっと振ってみたがあんまり変化無し。
バルサミコ酢をかけたら口の中に豚の旨味が広がってきた。
ハーブアスピックよりは味に深さがある分こちらの方が好きかな?
ただ、やはりゼラチンは暖かい状態で食う方が自分の好みだなぁ。
[PR]

# by ksk_com | 2005-10-18 02:19 | 買ってきたモノ
2005年 10月 18日

2005年10月 ハーブアスピック by 新宿伊勢丹B1F(店名失念)

お店はハムとか豚の加工品が置いてある店。
店内をフラフラしていたらちょっと惹かれる品があったので。。

2品購入したが、まずはこちら『ハーブアスピック』(420円)。
店頭の説明では「熟成させたハムとハーブのアスピックゼリー寄せ」とある。
ちなみに聞いたことがなかったので今になって調べてみたら、
アスピックゼリーとは「肉や魚などを煮たブイヨンから作られるゼリー」とのこと。

c0023252_244679.jpg

全体的な印象としては良くも悪くもまあまあと言った感じ。
こういうところで売っているものなので止むを得ないかもしれないが、ゼリーの味付けがちょっと安っぽい。
1回で食いきるとちょっと飽きてしまうかも。
ただ、ちょっといい店とかで気合いを入れて作られたこの品を食ってみたいという気にはなった。
このゼリー作りに手をかければ旨いのが食えそうな気がする。
ハムの質も良いにこしたことはなかろうが、この口の中で溶け出してくるゼリーこそ、という料理の印象。
[PR]

# by ksk_com | 2005-10-18 02:10 | 買ってきたモノ