飲み食いの記録を残そう

kskcom.exblog.jp
ブログトップ
2005年 10月 12日

2005年10月 山芋豆腐 by 新宿伊勢丹B1F(門前豆腐)

前に地下フロアをウロウロしていたら枝豆豆腐とか売っているのが気になって、
この日も酒を買いに来たついでにこちらの豆腐店へ。
店の前で品定めをしていたら店員さんに「出来立てだよ!」と勧められてこいつを購入。
確かに店頭で手にしてみたらまだ温かい。
山芋もそうだが、ネバネバ系の食材はかなり好きなので期待も高まろうというもの。
ボリュームは結構あるのだが、値段は1ケース262円で2ケース購入。

c0023252_0321263.jpg

食ってみると確かに山芋!
どういう製法かはよくわからないが、山芋らしさをしっかりと残しつつも豆腐は豆腐という感じ。
想像を裏切るような味ではなかったが、これはこれで安心して食える旨さ。
作りたてと言うだけあって、パックに詰め込まれた品とは違う手作り感が良かったなぁ。
山葵醤油を付けてビールのおつまみで食べたけど、よく合う組み合わせだった。

2ケースのもう1つは山芋と言えばお好み焼きってことで、しばらく炒めてから卵でとじてみた。

c0023252_0372661.jpg

鰹節をふりかけた後にお多福ソースとマヨネーズをぶっかけて食ったが、これも何とも旨い。
食い方としては邪道かもしれないが同じ食い方で全部食っても面白くないし、旨かったので良かろう。
ある意味想像通りの味だったけど、普通の豆腐と違い山芋風味がある分それっぽさがある。
ヘルシーだろうし、豆腐をこうやって使うのは悪くないんじゃないかと。

それにしても豆腐って食材、色々な種類のを探して食ってみるのも面白いかも。
湯葉とか豆乳とかも含めてちょっと凝ってみようかな。
[PR]

# by ksk_com | 2005-10-12 00:58 | 買ってきたモノ
2005年 10月 11日

2005年10月 『高麗参鶏湯』@東京/新大久保 【韓国料理】

新大久保に参鶏湯の専門店が出来たとのことで、休日の昼飯を食いにやってきた。
参鶏湯自体は何度か食ったことはあるが、専門店で食える参鶏湯がどんなものかと興味が有って。

店内でメニューを見るとほぼ参鶏湯1本で勝負の様子。
自信と心意気は買うが結構リスキーな気も。。
とりあえずお目当ての『高麗漢方参鶏湯』(2,500円)を注文。
まずは突き出しのキムチやカクテキ等。

c0023252_23215984.jpg

おお、これは美味しい!
唐辛子の甘味を感じ取れながらも、洗練されたキレのある辛味とのバランスが実に良い。
この界隈で今まで食ったキムチの中でも出色と言って良いかも。

さあ、そしていよいよメインディッシュの登場。

c0023252_23283961.jpg

グツグツと泡立つ器。
この鶏を店長自ら崩して食べ易くしてくれます。
その間色々と説明があったけど、ここで書くのは面倒なのでお店のホームページをご参照あれ。

c0023252_23303397.jpg

おお、これは確かに今まで食ってきた参鶏湯とは全く違った味わい。
旨いです。
鶏肉は皿に取り出して塩胡椒が混ざったものにつけて食うのだが、胡椒がまた合うのが面白い。
ソロンタンもそうだが、胡椒は韓国料理のこういうスープと実に相性が良いなぁ。

とにかく、鶏の味、それぞれの材料の旨味が出たこのスープはまさに薬膳料理と言えるかも。
結構な濃厚さが有りながらくどさは全く無く、具合が悪い時とかでも一気に食えてしまいそうな。
お値段も立派ではあったけど、それに見合うだけの満足感有る料理だった。
参鶏湯を食ったことのない人、或いは食ったことがあって「もっと旨い参鶏湯が食いたい!」って人には是非オススメ。

ただ、この店は価格や料理の種類の問題も有って、使うシチュエーションが結構難しい気も。
料理の味そのものは十分勝負出来ると思うが、日本の「参鶏湯市場」自体が大きく拡大するか、
値下げやらメニューを増やすやらの手立てを取らないと先行きは微妙な印象。
味は確かだけに、食いたいと思った時に食いにいけるよう、
必要に応じて多少のスタイル変更をしてでも是非生き残って欲しいものだと思う。

■お店のホームページ■
高麗参鶏湯へようこそ!
[PR]

# by ksk_com | 2005-10-11 23:51 | 外食 【焼肉・韓国料理】
2005年 10月 11日

2005年9月 『九段 斑鳩』@東京/九段下 【ラーメン】(2)

この日はランチを食いに2月以来の訪問。
一時期と比べると行列もだいぶ短くなった感じ。

別にこれを狙って来たわけではないが、期間限定メニューの『特製勝男武士味噌らー麺』(1,000円)を。

c0023252_22464741.jpg

いやぁ、これは味噌自体も濃厚だが、上品な鰹風味がかなり刺激的。
本枯れ鰹という上質のを使っているようだけど、確かに今まで食った鰹風味のラーメンとは大きく違う。
味噌と鰹の濃さ、パワーにはちょっとした重さを感じてしまうほど。
ラーメンという料理の凄さを堪能出来たスープと言って良いかな。
ただ、平打ちだった麺はもうちょっと普通のタイプでも良かったような気も。

ラーメンブームも一段落して知名度だけが勝った店は随分減ってきたが、
この店はまさに知名度、評判に見合うだけのラーメンが食える店だと思う。
まあ好みの分かれる品ジャンルではあるんだけど、自分の中では結構な位置づけ。

ちなみに平日昼でも13時以降ならあまり並ぶことはなさそうな感じ。
遅い昼飯になった時はまた寄ることにしよう。
[PR]

# by ksk_com | 2005-10-11 22:58 | 外食 【ラーメン】
2005年 10月 02日

2005年9月 『黒猫夜』@東京/赤坂見附 【中国料理】(4)

前回から1ヶ月ぶりくらいか、雑誌への掲載もあってか徐々に客足も伸びている模様。
ぐるなびのクーポンも1,000円割引から利き酒サービスに変更になっていたので、
とりあえず旨いお通しを食いながら白酒3種で最初のオーダーを考えることに。

c0023252_17585353.jpg


まずは、と言うかいきなり紹興酒『東湖十年』(3,000円)をボトルを入れることに。
と言うのも最初に気になったメニューが、ビールをグイグイやりながらよりも、
旨い紹興酒をチビチビとやりながら食うほうが良さそうだったので。。
その最初に気になったメニューというのは『麻辣鯨魚皮(クジラの皮とキュウリ四川風和え)』(580円)。

c0023252_17593982.jpg

もともとクジラは結構好きなのだが、これはゼラチン好きには更に嬉しい一品。
コリコリとした歯応え、ピリっとした四川風の味付けが酒を飲むにはうってつけ。
それにしてもクジラの皮ってスーパーとかでたまに売っているのを見るけど、その値段を考えるとこれは安いね。

そして次は何を注文しようか迷っていたらお店の人が「上海蟹が入ってる」と声をかけてくれ、
メニューにはない品(980円)を作ってくれることに。

c0023252_1883621.jpg

上海のお店で食った料理ほどストレートに味噌が強調された料理ではなかったが、
蟹味噌、蟹の身、それとネギとか海老(?)とかが入ったあんかけ状の料理。
ちょっと味が濃い目だったが、期待を裏切らず旨かった。
上海でのインパクトが強かったのでそれには及ばないものの、
値段や即席で出てくる料理というのを考えれば何とも恐れ入るばかり。

そして〆も近付いてきたので白酒の『二鍋頭(グラス)』(480円)を頼みつつ、
近くのテーブルで食ってるのが旨そうだったので『肉餅煲仔飯(海鮮ヨッペン土鍋ご飯)』(980円)。

c0023252_1816197.jpg

運ばれてきたのはネギやら色々な具材が乗った土鍋。
パッと見た感じ、これだけで十分食事として成り立ってしまいそうなくらいの結構な量。
これに中国醤油をかけ、焦げようとする音、香ばしく旨そうな臭いが一気に店内中へ!
そう、これにそそられて頼んでしまったくらい。。

c0023252_181893.jpg

・・・こ、これは旨い!

いや、料理としてはそんなに複雑な料理でない気がするけどこのシンプルな旨さは凄い。
インディカ米最高、醤油も最高、具の皆さんも最高!
「味が薄かったら足してください」と言って出してくれた醤油をちょっと嘗めてみたが、
これがまた甘味を含めた奥深い味わいがあって実に面白い味だった。
この品、実際食ってみても結構な量があったので、1人で行くんだったらこれ1品で十分かも。

うーん、それにしてもやはりこの店は凄い。
旨い物を求めてやって来ながら、旨い物を食うことで毎回どこかやられた気分になってしまう程。
この数日後に「dancyu」の取材が来るとのことだったので、(11月発売号に掲載?)
この料理と酒を1人でフラリと来てノンビリと楽しめる今を余すことなく満喫しておこうか。
もし記事を見て「いつか行こう」、そう思っている人がいたら早いうちに行っておくことをオススメします。
[PR]

# by ksk_com | 2005-10-02 18:35 | 外食 【中国料理】
2005年 10月 02日

2005年9月 『桃太郎寿司 本店』@東京/高円寺 【寿司】

以前は結構よく来ていたんだけどかなり久々に。
回転寿司よりは旨いし、値段はお手頃なので昔はよく来たものだ。
皿の色で値段がわかるので、食っている最中に会計の計算が出来るのもありがたい。

まずはビールを頼みつつ、最初はお気に入りの塩辛(100円)と生たこ(300円)。

c0023252_11102558.jpg

塩辛は高級な味ではないけど、ちょっと柚子の風味が効いているのが気に入っている。
つまみで頼むこともあるが、ここに来るとついつい頼んでしまう一品。
続いては生たこ。
自分は刺身や寿司で食うならたこは茹でずに生で出てくる方が断然で好き。
歯応えもそうだが、生でしか味わえない口の中に広がる甘さが何とも良い。
居酒屋でたこの刺身が置いてあると思わず「生ですか?茹でですか?」と聞いてしまうことも多い。

続いては秋刀魚の刺身(600円)。

c0023252_11173874.jpg

この秋はかなり安く出回っているようなので家で食えば全然安上がりなんだろうけど。
いやぁ、この季節にしか食えないと思うと実に嬉しい味。

さらにはスルメイカの刺身(600円)。

c0023252_1123357.jpg

これも値段を考えれば質量ともに満足ではあったけど、イカ刺しは一人でこの量食うほどの好物ではないかな。
いや、美味しいんだけど他の色々なのをちょっとずつ試すほうが個人的には良い。

このあたりで珍しく日本酒に切り替えつつたこの吸盤(100円)の握りを。

c0023252_11254471.jpg

これ、値段が安いのも嬉しいしかなりの好物。
店に置いてあったメニューから消えてしまっていたので聞いてみたら「有る」とのこと。
良かった。。
歯応え、味ともに普通の部位よりも個人的には好き。
まあ自分が好きなのもあろうが、これ2貫で100円というのは何ともお得。

そして最後はちょっとコッテリ系で大トロ(500円)と炙りとろ鯖(200円)。

c0023252_11295138.jpg

大トロは大トロらしく普通に旨い。
でも値段的に学生の頃のように遠い存在でなくなってしまったせいか、はたまた食の嗜好の変化のせいか、
とにかく昔ほど自分の中で憧れる食い物ではなくなってしまったかも。
炙りとろ鯖の方は個人的に結構ヒット。
たまに食う〆鯖の炙りも結構好きなのだが、鯖って魚は火を通して出てくる旨味の方が印象深い。

久々だったが総じて満足。
勿論もっと良い店なんていくらでもあろうが、
寿司って食い物に対してだけでなく、「寿司食ってる」ってこと自体に結構満足してしまうのだ。
それゆえ「高級店の本格的な寿司なんか食う必要は無い」そんな気もしてしまうのだが、
如何せん「高級店の本格的な寿司」というのを食ったことが無い。
食う必要が無いと本当に断言するためには、むしろ1回食ってみねばなるまい。
自分の食の基本的スタンスの1つ、「百聞は一食に如かず」。

いやぁ、しかし寿司は名の有る店で食おうとすると本当に金がかかりそう。。
まあいつになるかわからないけど、寿司の高級店への訪問は宿題にしておこうか。

■お店のホームページ■
桃太郎すし へようこそ!  安心の皿売り、産地直送仕入れ!
[PR]

# by ksk_com | 2005-10-02 11:50 | 外食 【和食・居酒屋系】
2005年 09月 24日

2005年9月 『ちょっとら 新富町本店』@東京/新富町 【もつ焼き】

鮮度のなかなか良い夜のモツメニューが売りの店で何度か来ていたのだが、ランチでは初訪問。
これが目当てで来たということもあるんだけど、昼からこんなもの食ってていいんでしょうかね。
注文は『もつ煮込み定食』(880円)。

c0023252_15534559.jpg

これだとよく見えないのでもつ煮込みをアップで。

c0023252_15542726.jpg

この煮込みは味噌味で、モツも何種類か入っていてなかなかのレベル。
夜来て食っても満足出来るが、こうやって旨い煮込みが昼から食えるのは何とも嬉しい。
コッテリしたおかずだけに付け合せのうどんに天かすが入っていたのは微妙なところではあるが、
またこの品を食うも良し、他のランチメニューを食いに来るのも悪くない。
もっとも夜来る方が色々なメニューが楽しめて良いのだろうけどね。

■お店のホームページ■
ハイカラ串家 ちょっとら
[PR]

# by ksk_com | 2005-09-24 16:01 | 外食 【ホルモン・焼きとん】
2005年 09月 24日

2005年9月 シャラン鴨ロース by グルメミートワールド

もも肉がとても気に入っているのでロースも気になって購入しておいたのだ。
スーパーで購入した鴨のロースはあまり気に入らなかったが、
この鴨だとまた違うのでは?ってことでとりあえず食っておこうと。
単価はもも肉の3倍弱の1kg4,600円で、これは240gで1,104円。
家で食う肉としては結構なお値段。

c0023252_15253270.jpg

どうやて食おうか迷ったが、シンプルに焼いて塩を振りかけて食うことに。
皮と肉にそれぞれ切れ目を入れてフライパンで焼き上げてみた。

c0023252_1526567.jpg

皮に入れた切れ目がキレイに分かれ、こんがりと焼きあがったそれは見るからに旨そう。
まあこのままでは食えないので、最初にまとめてカットして皿に盛り付ける。

c0023252_153031.jpg

生焼けを恐れながら焼いたのでちょっと火を通しすぎてしまったかな?
もうちょっとレアにしたいと思っていたが、まあこれくらいなら許容範囲をいうことで。

塩をふったりバルサミコ酢をかけたりしてみたが、食ってみるとこれが結構旨い。
前に食った鴨との比較で言えば、鴨の違いによる肉質の差異というのも多少はあるのかもしれないが、
焼き上げる時のポーションの大きさの違いが大きいような気がする。
外側だけが焼きあがっているので、香ばしい風味を味わいながら肉の中に詰まった旨味も堪能出来る。
サッパリしたイメージがある鶏肉の胸肉と違って旨味が結構濃厚。
これもワインが止まらなくなりますな。
骨に食らいつく醍醐味はないけど、カットすればあとはそのまま食えるので楽なのは良い。
塊のまま焼き上げることを条件にすれば、ロースも積極的に食っていきたいと思うようになった。

■仕入先のホームページ■
株式会社グルメミートワールド
[PR]

# by ksk_com | 2005-09-24 15:43 | 通販
2005年 09月 18日

2005年9月 『多幸兵衛』@東京/落合 【おでん・明石焼き】(2)

この日はメシをどこで食おうか散々さまよった挙句こちらの店へ2人で。
前回来てからもう3ヶ月か、早いな。
店は満席で店の前に数人の待ち客。
20分くらいかな?しばらく待っての入店。

まずはおでんからスタートし、
生揚げ、宇和島(じゃこ天)、牛すじ、大根、つくね、多幸(たこ)などなどを頬張る。
この店の雰囲気の中で味わうと旨さが増すような印象。
どれも旨いです。
相手はほとんど飲まなかったのだが、
ビールを2、3本と名物和風ワイン(300ml)を2本程飲み心地よく酔う。

そして前回と同様に明石焼きのオーダーを入れるが、ペロリと平らげさらに一皿。
今度は『たこネギ焼き』(550円)を食うことに。
前々から気になっていたのだが、この日2人で来たため遂に注文を。

c0023252_17351456.jpg

焼き目が香ばしくなっており、レモンをかけて頬張るとこれも何とも旨い。
明石焼きの上品な感じと違ってこちらはちょっとジャンクな感じ。
たこ焼きに近い感じではあるが、醤油系の味付けと、ネギがたくさん入っているのがポイント。
作る過程は似ているものの、それぞれ結構別方向の料理だと思うので
こうやって2種類を食っても楽しめるというものだ。

まあ飲んだのが自分だけというのもあるが、結構腹一杯になって2人で5,400円とは嬉しい限り。
相変わらずの雰囲気にも落ち着き、実に得した気分になれた夜。
[PR]

# by ksk_com | 2005-09-18 17:44 | 外食 【和食・居酒屋系】
2005年 09月 18日

2005年9月 『博多ラーメン ばりこて』@東京/東高円寺 【ラーメン】

ずっと前から気になっていはいたのだが特に食う機会も無いまま。
あんまり長い間宿題を抱え込むのは良くないということで遂に来訪。

注文は『玉子ラーメン』(700円)。あ、あと淡麗(250円)も。

c0023252_1712339.jpg

スープは豚骨の出汁がよく出ていて高いレベルで普通に旨い。
劇的に旨くはないけど、部類としては旨い方に区分出来る。
麺は「ばりかた」で注文を入れたんだけど細麺にありがちなパサパサ感も無く、
気持ちモッチリした歯応え、風味共に個人的に結構気に入った。
しっかりと味が付いた玉子、このラーメンにはこういう風に茹できった方が合うかもしれない。
ラーメンの玉子はここのところ半熟しか食っていないような気がするが、これはこれの旨さがある。

最後に『替玉半分』(60円)を追加して終了。
1玉追加だけではなくてこういう選択肢があるのは嬉しいな。
以前ほど豚骨ラーメンを好んで食うこともなくなってきたが、まあそれなりに満足。

■お店のホームページ■
博多らーめんばりこて
[PR]

# by ksk_com | 2005-09-18 17:26 | 外食 【ラーメン】
2005年 09月 13日

2005年9月 『高味園』(新店)@東京/新高円寺 【台湾料理】(3)

先日の旧店舗の限定営業で豚耳クーポンをゲットしたこともあって来訪。
まずはクーポンの豚耳と、今まで品切れで食えてなかった『冷製とりもも肉』(650円)から。
紹興酒はボトルで行こうかと思ったが、カメの方が旨いってことで大サイズを。

c0023252_15221033.jpgc0023252_15222842.jpg

豚耳はいつも通り旨い。
もも肉は紹興酒を使っての調理とのことだが、紹興酒以外にも何かの香辛料の風味がしたような。
シンプルに肉の味を楽しむ品かと思っていたのでちょっと意外な風味だった。

そして肉ばかりじゃいかんと思いつつも、この日のオススメメニューの『焼鴨』(価格失念)を。
自分の食を語る上で1つのルーツでもある品。
旧店舗にあった大きな窯で焼かれたのかな?
紹興酒も中サイズを追加。

c0023252_15273477.jpg

いやぁ、これは旨いね。
鴨なので肉も味が強くて良いが、何と言っても旨いのが香ばしく焼けた皮の部分。
個人的にはもっと八角とかの香辛料がきいている方がさらに好きかも。
それにしてもこの品が食えるようになったのは店舗拡張の恩恵なのだろうな。

ふと思ったが、1羽を丸焼きにして何分の1かが供されるのだろうが、
左右対称の箇所はとにかく、部位(胸とももとか?)の違いによる肉質、風味の違いもあるんじゃないかと。
その違いを楽しんでみるってのも面白そうな気がする。

■お店のホームページ■
本格台湾家庭料理 高味園
[PR]

# by ksk_com | 2005-09-13 23:36 | 外食 【中国料理】