飲み食いの記録を残そう

kskcom.exblog.jp
ブログトップ
2005年 03月 21日

2005年3月 『伊勢鮨』@北海道/小樽 【寿司】

折角北海道まで来たので、札幌以外の都市にもということで小樽へ。
そして折角だから寿司を食うことにしました。

c0023252_12341938.jpg


こういうところで寿司を食うならこの地ならではのものを、と思い
北海道周辺で採れた魚介のみを使った『道産握り』(3,700円)を注文。
寿司12貫にお椀がつく。

c0023252_1238512.jpg


店内に書いてあった情報を参考にネタと種類は以下の通り。
北寄(苫小牧)、いか・そい・たこ・車子(小樽)、かき(サロマ)、ぼたんえび(るもい)、
いくら(羅臼)、うに・ずわい・ほたて(根室)、さけ(不明)。
全て味が塩や煮切りなど味が付いてきている。

生かきは今までに食ったことのないくらいの鮮度と濃厚さだったなぁ。
最近まで生かきは食えなかったので大したキャリアではないけれど。

他のもどれも美味しかった気がするけど、
それぞれポーションが大きくないこともあってか、あまり印象に残ってはいない。
これはここの魚がどうとか言うのではなくて、
自分にとって「寿司」という料理がまだそういう位置づけでしかないということのような気が。
今の自分にとっては、「寿司」という料理は本能で味わう部分よりも思考で味わう部分の方が大きい。
(刺身の場合は本能で味わう割合がグンと上がる)
何だか上手く言えないが。

そういうこともあってか、握りだけに3,000円以上を使うというのはちょっと抵抗もあったし、
「満足!!」というような後味でもなかった。
繰り返すが、以上もろもろは「この店の寿司に対して」ではなく、「寿司一般に対して」の話である。

「インターネットでこの店を知った」と言ったら、(それが理由かはわからないが)
最後にぼたん海老の味噌和えをおまけで出してくれました。

c0023252_1305758.jpg

旨かったのだが、こんな感じで色々考えながら食べていたので味の記憶がちょっと濁ってしまった。

そうそう、この店で面白かったのが、店の人が競馬好きなこと。
1人ということもあって運良くカウンター席に座り会話をしているうちに競馬の話になったのだが、
大将がしゃべるしゃべる。。
途中で「あれ、何だっけ・・」みたいに会話が詰まると、
横でだまって仕事をしていた若い職人さんがとっさに「○○です」みたいに援護射撃。(笑)
何だか北海道らしさを感じてほのぼのとしてしまったものだ。

■お店のホームページ■
小樽 鮨処 伊勢鮨
[PR]

by ksk_com | 2005-03-21 13:31 | 旅先での食事(国内)


<< 2005年3月 『うろこ番屋』...      2005年3月 『リトルスプー... >>