飲み食いの記録を残そう

kskcom.exblog.jp
ブログトップ
2005年 03月 26日

2005年3月 『FRIGO』@東京/新宿 【Beer Bar】

新宿南口から徒歩5分弱と便利なところにあるBeer Bar。
パブスタイルの会計が割り勘勝ちを身上とする自分にとっては頂けないが(笑)、
ヨーロッパの数多くのビールを飲むことが出来る面白い店。
独りでフラっと来ても全然違和感の無い店で、色々と使い勝手が良いのでたまに。

この日は『ヒューガルデン・ホワイト Large(740ml)』(1,300円)と
生ハム、鴨の薫製、レバーのムースが入った『肉類の盛り合わせ』(1,350円)を。

c0023252_13452912.jpgc0023252_13455763.jpg


この店に来始めた最初の何回かはひたすらヨーロッパのビールの美味しさに驚き、
「日本で飲まれているビールはなんて旨味が無いんだ!」なんて哀しい気持ちにもなったが、
その後も色々と飲食を重ねるにつれ、そういう思いも消え去った。

どういうことかというと、
旨味や風味の強いヨーロッパのビールは、
ビールをメインとして楽しむような場であったり、
強い味を持つ向こうの料理と合わせることになるのでそれに負けない強さが必要。
一方、日本のビールは刺身だったり、素材の繊細な風味を楽しむ日本食に合うように、
あくまで食べ物を損ねないように作られているのだろうな、と。
向こうのビールはそれそのものでの旨さは強烈なのも多いが、和食に合うのはなかなか無さそう。

ちなみにこの店で僕がかなり気に入っているのが『シュレンケラー』というドイツビール。
ビールを飲むだけなのに、一緒に燻製のつまみを食っているかのような錯覚に襲われ、
つまみ無くして食った気になれるという非常に面白いビールだ。
好き嫌いは確かにかなり分かれるとは思うが、1回飲んでみる価値はある。
「風味が強く個性的なビールを」とのリクエストにこのビールを薦めてくれた
この店のマスターには今も感謝している。

■お店のホームページ■
Frigo
[PR]

by ksk_com | 2005-03-26 14:16 | 外食 【その他】


<< 2005年3月 『鶏の穴』@東...      2005年3月 『らーめん山桜... >>