飲み食いの記録を残そう

kskcom.exblog.jp
ブログトップ
2005年 04月 22日

2005年4月 『Barba d'Agnello バルバ・ダニェッロ 羊のひげ』@東京/新高円寺 【イタリア料理】(4)

この店は安い価格帯ながらアラカルトが毎日違うので、
気軽に来られる店でありつつ毎回メニューを見るのが楽しみ。
この日もカウンターでしばらくメニューとにらめっこ。

結局注文は、今までテリーヌとかでしか食ったことの無い肉、
『ウサギ肉のトマト煮』(840円)と、以前食った時に旨かった『骨付仔羊のロースト』(1,890円)を。

まずは前菜のウサギ。

c0023252_131733.jpg

鶏のもも肉のような感じで出てくるのを想像していたが、肉は結構細かいポーション。
シンプルなトマト味の煮込みかと思ったが、意外にも色々なスパイスが結構主張をしている。
タイムとかかな?聞けば良かった。

そしてこれも意外だったのが、ウサギの肉はちょっとしたクセのある風味だったこと。
鶏やカエル(跳ねる生き物つながり!)の系統をイメージしていたのだが、
香りの種類こそ違えど、羊とかが持つ「その肉固有の香り」みたいのがある。
こういう香りはノープロブレムなのだが、羊のように心をとらえて放さないという感じでもなかった。
1回試しにシンプルに塩だけで味付けした肉を食ってみたい。

お次は羊。

c0023252_1133124.jpg

相変わらず旨い。
が、前回食った時よりもちょっと火が余分に通ってしまっているかも。
ほんのもう少しだけレア気味の方が個人的には好き。
(写真は前回の時からカメラを買い換えているので、色合いはあまり参考にしないで下さい)

この日の酒は、白のグラス(420円)と赤のデキャンタ(1,260円)。
ちょっと飲み足りない感じもあるんだけど、まあ体にはこれくらいが良いかな?


余談になるが、羊を食うと前食った時はまだ行ってなかったあの店の記憶がよみがえる。
料理としては全く別物だし、料理に合う羊そのものが違うかも知れないけど。
やはりあの店のインパクトは本当に凄いものだと思った。

ちなみにこちらの店もハンバーグとか、羊を使った料理にいくつかのバリエーションがあって
羊好きの人間にとっては嬉しい限り。
そうそう、以前食ったハンバーグは不思議なことに前菜メニューに並んでいて
750円くらいの信じられない価格だったっけ。
写真が残ってたのでおまけでアップしておきます。
これはかなり旨かった!!
でも去年の秋に食った時からメニューで出くわさないのが残念。。

c0023252_1285160.jpg

[PR]

by ksk_com | 2005-04-22 01:35 | 外食 【イタリア料理】


<< 2005年4月 『台湾料理 朝...      自分blog内Trackbac... >>