飲み食いの記録を残そう

kskcom.exblog.jp
ブログトップ
2005年 01月 16日

2005年1月 『もつ焼き まるい』@東京/押上 【ホルモン】

会社帰りとは言っても、家とは全く違う方向へ30分以上かけてホルモンを食いに行く自分、
華やかな金曜の夜に独りもつ焼き屋のカウンターで呑む自分、
しょぼさを感じてしまうのは確かな一方で、そんな自分がいとおしく思えてしまうのも確かだ。(笑)

半蔵門線の押上駅から行ったのだが、それにしてもこの界隈ってほとんど行くことが無い。
今まで東京で27年間生きてきたが、墨田区という場所に降り立ったことすら数えるくらいだろう。
そんな墨田区の押上駅から通りを歩き、ちょっと裏に入ったところにこの『もつ焼き まるい』はある。
店の前に漂うにおいは、強烈なネコの香りである。(笑)
c0023252_1343083.jpg

かなりギュウギュウに押し込まれた店内は満席で、
この寒い中30分弱ほど店の外で並んでからの入店。

お通しは温かい豆腐。
c0023252_1375822.jpg


さて、最初に目当ての馬のレバ刺しを注文するも、この日は入荷が無いとのこと。
残念!!
気を取り直して『仔牛レバ刺し』(580円)を注文。
この店は牛レバも大人の牛と仔牛の2種類があるのだ。
おもむろに開けられた冷蔵庫から取り出されたのは、なんと巨大な丸ごとレバー!!
これは写真におさめておくべきだったが、
ここを見てこの店に行く人の楽しみを取っておくという意味では無い方が良いか。
かなり大きめのフグくらいはあるそれを、魚をさばくように包丁を入れて供される。
この店で面白いのは、ゴマ油も醤油のような容器に入っており自分で注ぐ仕組み。
c0023252_13171464.jpg

見よ!この鮮やかな色を!そしてこの贅沢な厚みを!量を!
魚のように大きく、魚のようにさばかれたそれは、
カツオの刺し身のような厚みとボリュームで出てきたのだ!
そこいらの焼肉店や居酒屋で食べることの出来るレバ刺しなどとはレベルが違う。
同じ食べ物として比較してしまうのが憚られるほど違う。
臭みが全く無く、口に入れた途端に何とも言いようのない甘味が広がっていく。
今まで食った牛のレバ刺しとしては、ここと『山根商店』@新宿のものが傑出しているなぁ。
もっともっと食べ歩いて旨いものを探していきたいものである。

そして続いては『なんこつミニホイル』(450円)。
c0023252_13301212.jpg

カウンターから見える焼き網の上で作られるのだが、
見ていて「マジかよ!」と突っ込みたくなるくらい酒をドボドボと注ぐ店主。
出てくるやいなやそのまま食ったら、店主から「混ぜて食った方がいいよ」と。
確かに混ぜる前は最後にかけられた調味料の味が馴染んでおらず、これは混ぜた方が良い。
大量の酒が肉の旨味とよく混ざり合い、いい意味での下品な旨さを生み出している。
くどさは酒のせいもあってか全く無く、レモンを注げばむしろ口休めになるようなさっぱりとした味。
しかし、これもホントにこれで「ミニ」か?と思ってしまうような品である。

ふと店の外に目をやると、入店時のにおいの元、ネコちゃんたちが行儀良く座っていた。
そりゃこんな店の残りものが食えるんだったら僕がネコでも店の前で待つだろうさ。
でも、痛風とか高脂血症とかには気をつけてね。
c0023252_133654.jpg


そして思った以上にボリュームがあったこともあり、もう〆に入ることにした。
一応この後に別の呑みの予定も入っていることだし。。
頼んだのは『仔牛サンドイッチ』(500円)。
他の客も〆に頼んでいる人たちが多かったので、ここは常連たちにあやかることにした。

店主が一通りのオーダーを出し終わった後、みんなのサンドイッチをまとめて作るようだ。
おもむろに網で肉を数枚焼き始める。
肉を焼いた後、網を洗って今度は網の上でパンを焼くのだ。
しかし、このパンもでかい。
いわゆる市販の6枚切りの食パンといった感じだろうか?
これを2枚使うのだから、これだけで一食分と言ってしまっても言いすぎではなかろう。
それにしてもここまでの過程を見て「僕も・・・」というにはちょっとタイミングが遅い。
頼んでおいて本当に良かった。
c0023252_13453145.jpg

いやぁ、これは美味しい。
ちょっと焦げ目のついたパンに仔牛の肉、チーズとレタスとトマトが挟まれている。
もっと肉肉した感じかと思ったが、野菜が前面に出て意外とヘルシーな感じで実に良い。
サンドイッチ専門店とかでこれを食ったとしてもこうは思わないかもしれないが、
もつ焼き屋で食うサンドイッチはその有り得なさが何ともまた格別である。
味そのものの水準よりも、そのシチュエーションに嬉しくなってしまうそんな一品。

会計は上記の食い物にビール大瓶×1、焼酎水割り×2を呑んで3,470円。
十分に満足ではあるが、この店はこの手の店にしては1品1品の量が多いので、
複数で来た方が色々なものを食べることも出来、値段的にもより満足出来そう。
場所が何かのついでに、とかそういう場所でなく、家からそこそこの距離があるのが難点だが、
ここは是非また来て他の色々なメニューを堪能してみたいと思った。
[PR]

by ksk_com | 2005-01-16 13:54 | 外食 【ホルモン・焼きとん】


<< 2005年1月 『萬福本舗』@...      2005年1月 『潮州』@東京... >>