飲み食いの記録を残そう

kskcom.exblog.jp
ブログトップ
2005年 01月 22日

2005年1月 『馬來風光美食』@東京/荻窪 【マレーシア料理】

まだ1月ということもあって、店員さんが顔を覚えてくれている店に行っての挨拶が続く。
特に挨拶に拘っているわけでもないんだけど、何だか顔を見たくなってしまって。

地下への階段をおりて店の扉を開けると、
客のいない店内で店のお姉さんが1人でラーメンをすすってた。
入るなり振り向かれて愛嬌のある笑顔で「ちょっと待っててー」なんて。

ちびちびとビールを呑みながら注文を考えているうちに食事を終えた店員さんに、
まずはつまみっぽい物が食いたくなり『炸腐皮』(450円)を。
「チャーフーペイ」と読み、魚と豚肉のすり身を湯葉に包んで揚げたもの。
この店で僕が好きなところは、この店員さんの人柄と、1つ1つの料理に手抜きがないこと。
これも注文後に鍋に油を注ぐとことから作ってくれました。
c0023252_160244.jpg

まず嬉しいのが、本当にアツアツなこと。
どんな揚げ物も揚げた直後はアツアツなのだが、
それをすぐにそのまま食べられることなんてそうないもの。
大体の場合作り置きでなくても、供されるまでの数十秒の間に多少は冷めてしまう。
こうやってすぐに食べることが出来るのはこういうこじんまりとした店ならでは。

良い意味での「手作りの家庭料理」を感じることが出来るそれは、
魚のすり身が入っているということもあって、
つみれのような、なんだか日本食のような趣もあって良い。

これを食っている途中くらいに、他に客がいないこともあって、
2人でカウンターを挟んで「かんぱーい!!」なんて焼酎ロックを。(笑)
これもこういう店ならではで本当に楽しい時間。

そして主食に何を食おうか迷ったが、酒はこれで〆にしようと思い、
スープ系のメニューから『蝦麺』(750円)をチョイス。(読みは「ハーミン」)
これも蝦の出汁をとるところからスープを作ってくれるのだよ。。
c0023252_16124449.jpg

もやしや青菜、蝦やら玉子やら色々な具が入って、蝦風味でピリっと辛いスープ、
とてもコシのあるかなり好きなタイプの麺がメインでの750円は本当に安い。
この店はカレー系の麺も美味しいけど、これもまた旨いのだ。

料理に、いつも通りの店員さんの人柄に今日もまた満足。
「どの店のどの店員さんが好き?」と聞かれたら
この店の店員さんが真っ先に思い浮かんでしまうかも。。
[PR]

by ksk_com | 2005-01-22 16:25 | 外食 【エスニック料理】


<< 2005年1月 『麺処 くるり...      2005年1月 『萬福本舗』@... >>