飲み食いの記録を残そう

kskcom.exblog.jp
ブログトップ
2005年 01月 30日

2005年1月 『ホルモン工房 ソロンタン』@東京/新大久保 【韓国料理】

1回やってしまうと、休日昼下がりの大久保界隈の探索もクセになりそう。

さて、この日も辛いものを食って前夜の酒を抜きたいというのも少しはあったが、
あの界隈を探索するというその楽しさを求めての大久保訪問。
またもや昼飯を食うためだけに大久保方面へと電車に乗り込んでしまった。
軒先に並ぶ飲食店のメニューや食材店など、この界隈は歩いているだけでも楽しくなってくる。

訪問先となったこのお店では看板メニューの『ソロンタン』を2回食ったことがあり、
とても美味しかったのでこの日は別メニューに挑戦。
選んだのは『キムチチゲ』(980円)。

無難な選択、ということではなくて、韓国料理専門店で食った鍋や汁物は、
今まではカムジャタン、部隊チゲ、サムゲタン、味噌鍋、ソロンタンとか他のメニューばかりで、
よくよく考えてみると韓国料理の店で『キムチチゲ』を食ったことがなかったので。

さて、恒例の突き出しの数々、全てサービスというか、料理の値段に込みである。

c0023252_160468.jpg


初めて見たのは真ん中のヤツ。
裂きイカの辛味和えみたいな感じでなかなか面白い。
個人的に好きなのは、右上の韓国海苔の和え物と、左下の白菜キムチ。
この店のキムチはこの界隈でも結構美味しいほうだと思う。
しかし、毎度思うのだがこれだけで1食分のおかずになってしまうくらいの量だ。。

続いて出てきたのはご飯。
これもセットになっている。

c0023252_164333.jpg


鉄のお椀にギュウギュウにつめこまれているのだが、
韓国人は茶碗を持つ習慣が無いのだろうか?
熱いご飯が入ったこのお椀は、僕には熱すぎて持つことが出来ない。

さて、グツグツと音をたてながらメインの『キムチチゲ』が登場。
他の店に行った時に「鍋が小さい」と思ったものだが、
この店でも同じような大きさで出てきたので、1人分の食事用の鍋はこれが標準なのかな?

c0023252_1693894.jpg


認識できた具は白菜キムチ、春雨、豆腐、豚肉細切り、しめじ。
うん、これはこれで美味しいのだが、どうもキムチの酸味が気になってしまうな。。
この店のキムチ自体は酸味も少なく、唐辛子の甘味が感じられて好きなのだが、
鍋にいれてしまうとちょっと気になってしまうのだ。
途中で食い終わったキムチの皿に残った汁をぶち込んでしまったせいもあるかもしれないが。

春雨の絡みや、豚肉の旨味とか結構気に入ったところもあるのだが、
僕自身「酸味」というのがあまり好きではなく、ついつい敏感になってしまう。
これはこれで全然OKな料理だと思うが、僕の好みは他の鍋の方へと向いてしまうなぁ。。
[PR]

by ksk_com | 2005-01-30 16:18 | 外食 【焼肉・韓国料理】


<< 2005年1月 『Barba ...      2005年1月 『藤八』@東京... >>